盛り上がっている明智  

約1年ぶりの明智ヒルトップサーキットに行ってみて。

かなり台数が増えて盛り上がっていました!

お楽しみクラスからトップクラスのノーマルクラスへのステップアップがしっかりアナウンスされている事が凄いなと。

下のクラスはタイム別にレースを行うのは関東でも採用しているルールですが、基準タイムを超えると卒業決定を実況が祝福する。
(坂本さんの叫びがまた良い!)

そして、クリアしたライダーは

「名誉の逆ポール」

これがいいなと思った!

祝福からのハンデを与えてレースを行う事が明確化されている事で、不平不満も出にくいのかな。

また抜いて行く事でステップアップするための練習にもなる。

抜き合いの場面を作る事でより盛り上がる。

徐々に経験を積み、最後にはノーマルクラスが待っている。


そしてそして、坂本さんの実況はヤル気にさせる。

そのクラスクラスで持ち上げる実況。

「誰々はストレートが速い!誰々は○コーナーの切れ味抜群!」

と個々のライダーの良い点を拾って褒めてくれる。

褒められるって嬉しいよね!

また出ようと思う。


これは桶川スポーツランドさんにも共通する、盛り上がっているサーキットの共通点だと思うけど、エキスパートライダーよりもフレッシュマン的なライダーが出やすいように心掛けていると感じる。

レース後に、とある方と話したんだけど

「ピラミッドが成り立って初めてエキスパートライダーの存在がカッコよくなる。エキスパートだけじゃねぇ。」

と言っていたが、その通りだと思います。

だからってエキスパートを雑に扱うとかはないし、ダメなものはダメとキッパリ言える社長。

さらにさらに、明智は設備が筑波コース1000以上に良い。

女性ライダーのために更衣室があるサーキットなんて珍しい。

談話室もあり、お湯は常に使えるし、テレビもある。

トイレは凄く綺麗。

ライダーだけでなく、一緒に家族が来れるように考えているなぁと。


そんなこんなで盛り上がるべくして、盛り上がっていると感じた明智ライスポカップでした。


ps.おさるから聞きましたが、いつもブログを読んでくれているビデオ撮影してくれていたスタッフさん。
話を出来なくてごめんなさい。
お詫びに、ちょっとしたプレゼントをおさるに渡しました。
後で受け取ってください。
次回はぜひ声かけてくださいね!




クリックすると元のサイズで表示します
2




AutoPage最新お知らせ