夏のレース  

先日行われたリンクスは高温の為、タイヤはズルズル。。。

路面が柔らかくなったのかな?

なんて思えるコンディションでした。


そして本日行われた筑波選手権はもっと暑かっただろうから、厳しいコンディションだったと思います。

そんな中、やはり転倒者も多く非常に残念な事故も起きてしまいました。


ここからは僕的勝手な意見です。

ここ数年、夏というと最高基本が35℃を超える日が多い。

路面温度は50℃を超えていきます。。。

そんな中でのレースは出来れば開催して欲しくない。。。


さきほども書きましたがタイヤもズルズルだし怖い。

必然的に転倒のリスクも増える。


気温が体温を超えるような季節のレースは出来れば避けてもらいと思う。


そんな事言っていたら冬も夏もレース出来ないだろ!


と思う方もいるでしょうが

「猛暑日に野外でのスポーツは避けましょう。」

的な声掛けが行われる昨今では

「リスク」

を避けたいと思うのです。


暑いを通り越して、「熱い」季節、具体的には7月下旬〜8月一杯は夏休みにしてもらいたいと思う今日この頃です。



人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ