2st体重優遇措置の方法について  

2stの優遇措置についての意見です。

現在は

・キャブ口径20φまでの変更が可
・NSR50の旧型高圧縮ヘッドの使用が可
・旧型ヘッドの使用にあたりヘッドガスケットとベースガスケットの変更が可

です。

重さをエンジンパワーで補う方向のレギュレーションですが、僕は重さは重さで処理した方がシンプルだと考えています。

2stも4stのように、タンク等の使用を認めて、重量を軽くする方が単純明快ではないですか。


周りの重いライダーを見ていると、エンジンパワーを上げようとして、圧縮等を上げ過ぎてしまいエンジンを壊しているライダーが多いです。

エンジンを壊す、ピストンが割れる等が発生すると、シリンダーが使い物にならなくなる場合は多い。

シリンダーは新品で3万弱。

ピストン等新品にすると、3.5万円ほどかかります。

しかも、旧型ヘッドを手に入れるにしても昔のように中古エンジンがゴロゴロしている時代ではなくなり、ヤフオク等をみているとボロいエンジンでも2万円以上。

それなりのお金をかけないと買えません。。。


ならばタンク等で重量を軽くした方が、ローコストだと思いませんか。

僕が使っているアルミタンクで6万円。

高いですが、1回買えば壊れるモノではありません。

6万円で、ずっと3キロ軽く出来るんです。


重さには重さで答えてあげる。

決して有利とは言えない範囲であれば、重量を軽くする事を認めて、みんなが楽しくイコールコンディションでレース出来た方が、盛り上がると思います。

本当の意味でのランニングコストを安くする。

それには、どの方法がいいか。

壊れない物を選択すれば良い。

そう考えています。





人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
5




AutoPage最新お知らせ