杉山DAY  

予定では秋ヶ瀬走行でしたが朝起きると雨。。。

天気予報では午後からドライで走れる雰囲気でしたが自宅整備としました。

やりたい整備が溜まっており、家で整備することにしました。

午前中は車を綺麗にしつつ作業場に籠ってました。

そこに杉山さん登場!!!

杉山かあちゃんがブーツを買いたいというので、クシタニに一緒に行く事に。

クシタニのブーツは本当に最高なんです!!!

ミニバイクには絶対にオススメです。

購入はクシタニ川口店でお願いします(笑)

紹介しますよ!!!

クシタニで、かあちゃんはブーツをオーダー。

女性サイズの小さいモノは既製品がないためにサンプルでサイズ合わせをした上で、カラー等を決めて作ってもらう形になります。

クシタニブーツの場合は既製品が48000円+税なのですが、3000円足すとカラーオーダーできるという形になるんです。

かあちゃんのオーダーが終わると、杉山さんも試着。

そして購入(笑)

そもそもクシタニブーツの良さを教えてくれたのは杉山さんだったんですが、本人は履いてないという(笑)

これでMkgでまた二人クシタニユーザーが増えました。

そのまま分けあってヨネゾーさんへ。

かあちゃん用スペシャル品をお願いして帰宅となりました。


帰宅後は杉山さんの壊れているというフロントフォークをチェックしてあげたりして一日終了な日曜日でした。

人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0

かぐらにて春スキー  

かぐらスキー場へ春スキーへ行きました。

関東は大荒れのような天気予報でしたが、かぐらもそれなりに風が強くてロープウェイやリフトが強風で止まってしまうのではないかと心配したほどです。

なんとか一日もってくれましたが。

そんな関東の強風の影響なのか幻想的な光景を見ることが出来ました。

関東から谷川岳を超えて雲が流れ落ちており、雲の滝が出来ていました。

長く谷川岳を見てスキーしていますが初めての光景で見とれてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は暖かくなる日が早くて、スキー場は予定よりも早くクローズしてしまう感じですが、そこはかぐら!!!

まだまだ雪が沢山残っており、250センチある状況で全面滑走可能な状況で沢山のスキーヤーやボーダーでにぎわっていました。

僕も沢山滑る事が出来ただけでなく、教えてもらう事が出来て、楽しく身になる春スキーとなりました。

チビ助も楽しく滑る事が出来て良い一日になったと思います。

あ〜もっとスキーもうまく滑りたい!!!

クリックすると元のサイズで表示します
0

今年の春は酷い。。。  

先日マイカーを2台とも洗車したのですが。。。

花粉なのかな。

ボデーを手で触るとザラザラ。。。

こびり付いている感じでサラッと撫でただけでは落ちないし。。。

クリックすると元のサイズで表示します

最後にはピカピカにしましたが、タイヤ交換も行ったので3時間かかりました。。。

クリックすると元のサイズで表示します

昔からこんなに花粉酷かったかな。。。

と思った洗車でした。
0

揃った!!!  

アキラさんの色違いとして作った今回のニューレーシングスーツ。

転倒する前にアキラさんのつなぎと並べる事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アキラさんを超えるライダーになれるように努力します!!!

人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0

レースと安全  

荒れに荒れたアルゼンチンGP。

スタートは

「おいおい、オートレースのハンディ戦かよ。」

って感じだったし、グリッド上でエンジンストップさせてしまったマルケスはコース逆走という方法でグリッドに戻るという謎!?ミニバイクでもありえない!?方法を取ってしまうし。。。

レースではラインが1ラインしかないから抜き差しが強引になってしまい、接触さらに転倒と大荒れ。

ペドロサ選手、手首骨折となってしまったみたい。

https://itatwagp.com/2018/04/10/motogp-5554/

手術する必要があるみたいだから、復帰までは時間かかってしまうのかな。

残念。。。


そしてスーパースターなロッシとマルケスの接触転倒は大きな波紋になっている。

マルケスのパッシングは何度見ても入り切れてない。

ホンダ陣営のトップ、プーチ氏は

「ヴァレンティーノ(ロッシ)との件に関しては、映像を見ていただければ明白なのですが、あのコーナーでは走行ライン上に水が流れているんですよ。マルクのフロントはロックされてしまい、ブレーキを緩めなければならず…スペースもあり、限界ギリギリの状態だったわけではないが、あいにく、ヴァレンティーノと接触してしまったんですね。それで、彼は転倒となってしまったわけだが。
我々としても同件については心から残念に思っているが、ただ、あくまでもレース上の事故でしょう。」

う〜ん、スペースもありってスペースがないから接触しているのだと思うけど。。。

等々、思う事はあります。

さらに偶然のミスだという意見もありますが、他のライダーを抜く際にも沢山接触している訳で「ミス」だけで済ませて良いものなのか疑問にはなります。


しかし、マルケスの凄さはマルケスだけが他のライダーよりも数秒速いペースで走れていた事。

そして接触しても転倒しない事。

バランス感覚とバイクを扱う能力は凄すぎて、天才中の天才としか言えないなぁと思いました。


今後、エスパルガロがコメントしているようにレースディレクションは各バイクについているカメラまであるのだからリアルタイムにトラブルに対して審議して、レース中にライドスルーペナルティーなど迅速に対応出来ると事が望まれているかと思います。

よく昔のロッシもやっていたという話になりますが、過去は過去。

時代は安全に向かっている訳で、コースも安全性を第一に改善をしているのだから、バトルに関しても昔と比べる事自体が間違った考えでないかと思います。

ペドロサのようにトラブルによる手術等が必要になるライダーが出ないようになる事を願います。

何よりもライダーが怪我でレースに出られなくなってしまう事が悲しいです。

人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
1




AutoPage最新お知らせ