まるち全国大会決勝  

まるち全国大会決勝。

秋ヶ瀬DAY6。

今日は1日ドライで走れそう!

やっぱりドライでやりたいですよね。


朝フリー

タイヤも極上つけてフルスペックで走ります。

気持ちもレースモードでタイムだけを考えて行きました。

しかし想定タイムよりもコンマ2遅い。。。


朝フリー後は迷いました。

posh CDI を使いたいけど、使うと点火が上手く行かなくなってしまう。

しかしposh CDI でないとコンマ2は遅くなる。

迷いに迷いましたが、全国出しダメなら仕方ない!

と割り切りposh CDI を選択。

コースインしてすぐに分かりました。

僕の全国は終わったと。。。

このウィーク通して1番ダメなら状態に。

ハッキリ言ってまともに走らない。

ゼロ発進がままならない。。。

こんなに複雑なポールポジションは経験した事ない。

どーしよーかなぁと考えましたが打つ手なし。

スタートだけはしようと思い、シグナルを待つ。

反応は良かったけど、なんと失火。

前に進まずあたふたしてしまい、駄々抜かれ。

ここでチビ助は

「あーパパダメだ。。。」

と悟ったそうです。

1ヘヤまでのバスバス。

2ヘヤまでもバスバス。

最終に行く途中にリタイヤを決めました。

こんな状況で20周走れるわけない。

いつ止まるかわからないバイク。

不調なまま無理してエンジン壊しても仕方ない。

落ち着いて

考えて

出した結論はリタイヤ。

悔しい?

虚しい?

前日の天国から一転して地獄。

これも全て自分が悪い。

ミニバイクレースはライダー兼メカニック。

トップライダーになるにはメカも一流にならなくてはいけない。

これは平野さんの考えでもある。

メカとして力及ばず。


あまりに不甲斐ない?

泣きましたよ。

チビ助が慰めてくれた。

全て自分の責任。


この敗戦は一生忘れないでしょう。

忘れたくもないし。


「天国と地獄」を味わった全国大会は終わりました。クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ