島袋元投手  

2010年に沖縄県興南高校のエースとして甲子園春夏連覇したスター投手

島袋投手がソフトバンクから戦力外通告を受けて引退しました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-12300270-sph-base

島袋投手は大学進学後にプロ入りしている投手です。

甲子園勝利投手としてはハンカチ王子こと斎藤投手と同じ道になるのかな。

高校生で完成しているといえる選手が、高校からプロへいくか。

それとも大学進学してからプロへ行くか。

ここは僕的に野球に自信があるのなら高校から直接プロに行って欲しい。

僕は詳しくは全くわからないけど、プロの色に早く慣れた方が良い気がする。

野球の事だけを考えて日々生活する事で伸びしろが、より伸ばされるのではないかと思うんです。

4年間稼げるか稼げないかも、生涯選手収入に大きく影響するとも思うし。

ただ、良いドラフトを受けられない状態とか、高校卒業時ではプロから見てもらえない選手は大学4年間が非常に大切な期間になれると思う。

例えば僕も大好きだった投手である上原元投手。

投手としては全盛期といえる期間が一番長い投手だったのではないかと思います。

巨人の絶対的エース

そしてレッドソックスの絶対的抑え。

国内でも大リーグでも「絶対的」という立ち位置を確立した上原元投手に大学4年間がなかったら、こんなに素晴らしい投手になる前に埋もれてしまったと思う。

たら

れば

ですが、島袋投手がストレートにプロに行ったら。

この

たら

れば

は今後の選手にも言われる「永遠の謎」になるのでしょう。

高校で大活躍した選手ならば大学進学せずに、プロになって欲しいなぁ。





人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ