厚底シューズ  

陸上界にて一気にシェアを伸ばしたナイキ。

ヴェイパーフライ

という厚底シューズでないと勝てない

と言わせるほどの性能を秘めた厚底シューズを世に送り出した。

その性能は凄まじく、トップ選手も80%以上のシェアを確保しだし

他メーカーとスポンサー契約していてもナイキを履く選手まで出るほどに

絶対的性能を世に送り出しました。


今話題になっているのは、この厚底シューズを禁止にすると世界陸連が言い出している事。


しかし僕は規制は反対!

どんなスポーツでも「公平性」と「健全性」と「安全性」が担保されなければならないと思う。


「公平性」

このヴェイパーフライは誰でも買えます。

大迫選手が

「この靴、普通に市販されていますよ。」

と言った通り、約3万円出せば買えます。

トップ選手も市民ランナーも買える魔法の靴。

そりゃ売れんでしょ!

誰でも買えるのだから「公平」ですよね。

逆に箱根駅伝で話題になったメーカーのわからない真っ白い靴がありたした。

最終区間にて創価大学の選手が履いて区間賞だったそうです。

その靴はミズノのプロトタイプ。

プロトタイプなので市販されていない。

この靴の方が得られる選手はスポンサー契約した選手のみであるので公平でないとなります。

なので公平性にてナイキ厚底を禁止にするのは無理があります。


「健全性」&「安全性」

この二つはリンクしているので同時に話します。

この厚底シューズを履いてしまうと、足への負担が大きくなりケガのリスクが大幅に上がってしまう等の問題があれば健全性&安全性という面で問題ありとなります。

しかしながら、むしろ厚底からのクッションにより対衝撃性が向上し足に優しいという話もあります。

もちろん体幹がないと安定して走れないという問題はありますが、そこは選手の能力の問題なので健全性&安全性も問題ないという事になります。

以上の事から厚底シューズが禁止にされる理由はない。

な〜んて下書きをしていたら、世界陸連が禁止にしないと発表がありました。

僕的にはモノの進化をツマらない理由で禁止にならなくて良いなと思いました。
1




AutoPage最新お知らせ