ふざけたガキンチョ(笑)  

少し前の話。

体調不良で休んだ時に

「キリトー、ふざけた顔して!」

って言ったら(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

熱が38℃あっても、ひょうきんさは変わらない(笑)

かわいいヤツ。
1

とある日の1本  

足元バイト丸見えでした。

流れ込みの滝のようになっている裏側をルアーが通るようなイメージで泳がせると元気に出てくれました。

最近ハマってるメガバスなi×iシャッドハーモニカ食い!

53センチでしたが、凄いコンディションの良い個体でファイトが凄く激しかったです。

楽しませてくれてありがとう。

クリックすると元のサイズで表示します


と思っていたらもう一本追加。

木が水面に向かって生えてて非常に釣りにくいポイント。

ルアーを泳がせられるのも3mくらいなEXPポイント。

バイトは貰えても載せられなかったのですが、今日はついに獲りました!

流れ込みに付いてるシーバスって落ちた水がサラシみたいになってる所を通さないと食わない場合が多い。

外を通すと食ってくるのは大体ニゴイ。

ニゴイやナマズに比べてシーバスって頭良いなと思う。

ルアーをよく見てて追いかけてきても食わない事も多々だし、一度見切られると居なくなっちゃうのか、反応がなくなる。

対してニゴイやナマズは何度も追い食いしてくれる。

小場所勝負だと1投で見切られて終わりなんて事も多々。。。

まだまだ魚を語れるほどではない初心者な僕は釣れるたびに、いやいや釣れなくても、勉強になる事が多いです。

クリックすると元のサイズで表示します
1

マルケスの努力  

世界チャンピオン

マルク・マルケス選手

も凄く努力しているんだなぁと思った写真。

オフロードトレーニングをした後のては皮が剥けて痛そう。。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そこまで練習してるマルケス選手。

世界チャンピオンも努力努力の上で獲れているんだぁ〜としみじみ思いました。
1

BLUEBLUE バルバル99 インプレ  

欲しいなぁと思ってから数ヶ月買えなかった

そこまでの話は
https://blue.ap.teacup.com/ta1chi/6042.html

BLUE BLUE
「バルバル99」


というシーバス用スピニングロッドについてインプレ。

結果、最高でした。

投げやすさ(キャスト性能)
リトリーブ時のホールド感
魚とのファイト
見た目


120点の満足度!

使うのが楽しすぎてベイト使わずに7時間スピニングだけを使い込んでしまいました。


1.投げやすさ(キャスト性能)

軽く投げても飛びます。
同行した後輩が10.6ftなダイワ を使っていましたが、9.9ftのバルバルの方が飛びました。

リールは僕のはエクスセンスBBで後輩の方が高価なリールが付いていましたが、明らかに僕の方が飛んでる。

もちろんルアーも同じモノを使ったりしても飛んでました。

飛ぶ理由としてはティップからバットまでしっかりと曲がってくれるので、反発が使いやすいです。

特にティップが柔らかいので僕のような初心者にも非常に投げやすい。

竿が仕事をしてくれるから飛ぶ感じで、使い手は楽に投げても飛びます!

しかし、キャスト後にボヨンボヨンという嫌なオツリが来ることはありません。

しっかりしなる柔らかさがあるのに、ちゃんとハリは残ってるみたいな。

飛びます!

と言われていましたが間違いない。

不満のない飛距離です!


2.リトリーブ時のホールド感

キャスト後にルアーをリールを巻きながら引いてくるわけですが、この時のホールド感も抜群。

バルバル99はリールから下が長く作られてるそうですが、これが最高に良い。

ロッドのお尻を脇にしっかり挟んでロッドを手ではなく、腕と脇腹を使って保持する事が出来ます。

そして

「ジャーキングエディション」

というサブタイトルが付いてる通り、ミノーのジャーキングはとてもやりやすいです。
(僕のジャーキングが合ってるか、合ってないかは?です。ジャーキングで釣果は出ていますので大丈夫かな)

「1日ジャーキングしても疲れません!」

という売り文句通り、ロッド操作はやりやすい設計になっていると感じました。

ジャーキングだけでなく、普通にリトリーブする釣りや、底を狙う釣り(マゴチ等)の操作も全く不満はありません。


3.魚とのファイト

パワフルなロッドだと思います。

なんとファーストヒットは1mなボラ。

掛かった瞬間鬼のように走る。

手ドラグで対応していましたが、ロッドを持ってる手が疲れたのでドラグ調整して締めたのですが、腕がキツイ。。。

人生の釣りの中で初めてロッドを両手で支えなければならない状態となりました。

バルバルを見ると、惚れ惚れするカーブを描いていました。

そして、バッドのパワーは凄い。

大型ボラの突っ込みを難なくロッドのパワーでねじ伏せられる。

そして浮かせられました。

モンスターボラはこんなに引くんだと驚きましたが、重ねてバルバル99の凄さを目の当たりにしました。

そしてランカーチヌに60超えのスレがかりシーバスも揚げましたが、パワーは申し分なしです。

素晴らしいの一言。


4.見た目

BLUE BLUEというメーカーのロッドだから?

なのか、ブラックのブランクに BLUEがあしらわれたロッドで僕は青が大好きなので、どストライク!!!

この辺は個人の好みですかね。


僕はバルバル99にエクスセンスBBの4000番を付けていますが、バルバル99は重めのロッドなのでちょうど良いかも。
(現在はバンキッシュ4000をメインに使用)

今度はエクスセンス Ci4の3000番組み合わせて釣ってみたいと思っています。


最後にデメリットを。

バルバル99はグリップエンドに30g?のバランサーが入っている事もあり軽量ロッドが増えたこの時代においては重い部類のロッドをなると思います。

7時間遠投を繰り返した結果、肩周りがかなりの筋肉痛になりました?

使わない筋肉を使ったからだと思いますが、ここまでの筋肉痛は久しぶり??

常日頃から体は動かしていると思ってるので体力がない方は1日投げ続けるのは辛いかもです。

シマノなエクスセンスシリーズやディアルーナの方が疲れは残りません。

ただ、バルバル99は飛ぶのでどうしてもキャストからの飛距離を楽しんでしまっていたのかもしれません。

作った高橋さんは若いアングラーですから、このくらいのロッドがちょうど良いのでしょう。

嫌いなスピニングですが、バルバル99は超絶気に入りましたので、使い込んで行きたいと思います!!!

#バルバル99
#バルバル99インプレ
#BLUEBLUE
#シーバスフィッシング

1

7/22腹パンシーバス  

今日は良い魚が出てくれました。

やっぱりシーバスが釣れると嬉しい!

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ