ワイセコピストン  

RZ250レストアネタ。

取りあえず手に入れてあった350エンジンを開けてみた。

実働を買ったのですが、やはり状態は非常に心配でした。

350エンジンもあえてYPVSがついていない初期型を手に入れたので、もう30年前のエンジン。

恐る恐るバラしてみると状態は非常に良かった!

シリンダーに当たりのキツイ部分があったもののホーニングの後はバッチし残っており、ヘッドは傷なし。
ピストンもカーボンがうっすらのっている程度でリングの下に圧縮漏れをしていたような後もない。

これならピストンもそのまま使えるかなと思ったけど、ピストンをコンロットから外そうとするとなかなか外れない。。。

なんとか外してみると、ピストンピンとピストンのクリアランスがキツくて抜けなかったと言うか抜きづらかった。


使おうと思えば使えるけど、せっかく開けたんだしとピストン周りは変える事にした。

いろいろなメーカーからピストンは売られているが、知らないメーカーを使うのは嫌だった。

そこで、4stでは非常に有名でマンガなんかにも名前が出てきちゃうワイセコのピストンを使う事にして購入した。

画像でも綺麗だったんだけど、実物はさらに綺麗。

間違いなく純正よりも出来は良いと思う。

ただ、ワイセコではRZ350エンジン用のガスケットは売ってない事からガスケットのみは違うメーカーで購入し、家に到着するのを待っている所。

あとは時間を見つけてクラッチ周りをバラしてチェックしようと思っています。


現在ランキング34位!
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ