モトピクRd-2 MP100編  

今回のレースに向かう前に、今の僕は4st車両は

リンクスMP100仕様
(簡単に言うとノーマルカム仕様)



桶川スポーツランドSP12仕様
(ハイカム仕様)

があります。

ちゃんとマシンを作り変えています。

レギュ違反はしていません。

いつでもエンジン開けますよー!

面倒だから、出来れば開けたくないけどね(笑)


そんなMP100仕様、桶川仕様とは裏腹に上手く回っていませんでした。

色々と細かい変更をして、部品も変えながらセットを出していきましたがイマイチ。。。

レース前日までやりましたが走らないので、昨年までの鉄板仕様に戻しました。


<予選>

いつも通り1人でコースインして単独タイムアタック。

なかなか39秒を切れなかったのですが、5周目ぐらいに38秒7。

やはりこの鉄板仕様は間違いないよ!

杉山さん!!!

決勝に向けての変更点は、フロントが低い感じがして多少のアンダーを感じたので、1oだけ突き戻しました。

それと温存しておいた新品タイヤ投入。

<決勝>

スタートはやはり原嶋さんが速かった!

が、冷静にアウトまくりを行い1ヘヤではトップに。

すぐに全開走行!

2周目から38秒6で逃げます。

8周目ぐらいまでは38秒6〜7で周回。

音は聞こえてなかったのですが、WJライダーな豪選手の事だから目を釣り上げて追いついてきてるだろうと思っていたので全開でペースを落とさないように集中して走っていました。

そんな中、2ヘヤを立ち上がるとチラッとバイクが見えたので誰か確認すると豪選手。

しっかりと後ろを確認すると、かなりのリードを築けていましたので8割走行に切り替えました。

特に1ヘヤでフロントが変な動きをするぐらいハードブレーキしており転倒しそうだなぁなんて思っていた所だったので、かなり楽になりました。

最終ラップは転ばないように走りきり

開幕から2戦連続ポールtoウィン!

通算9連勝!

となりましたー。

team ttitanic佐藤監督が作ってくれるエンジンは本当に素晴らしくて楽に走ってもタイムが出ます。

オイルはもちろんtitanic!

間違いなく速い!

それにNーPLANマフラー

CLSSファンネル

が僕を押してくれる。

POSH製品による間違いない点火!

失火など全くなし。

車体はファクトリーゼロさんによる軽量化で僕の体力の消耗を軽減してくれる。

そんな僕にはもったいないサポート環境にて走らせてもらえて幸せです!



クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ