イギリス離脱  

なんだかんだEUに残るだろうと思っていたのですが、結果はEU離脱が決定。

個人的な感想は思ったほど為替や株価の急変はなかったように感じていますが、EU側は

「イギリスのEU離脱表明がない限り交渉には応じない。」

と通達している。

イギリス側は難色を示していますが、EU側の主張が筋かと思う。

離脱するかしないか、離脱時期はいつになるのか発表なしに

とりあえず離脱するか方向だから協議させて

なんて都合が良すぎると思う。


今後のイギリスの問題は国内すべての方々が離脱したかった訳ではなく、半数近い国民は離脱したくなかった。

その離脱したくなかった人々が国北部に固まっており、イギリスからの独立的な動きになってしまうのではないかと。

ウェールズとかね。

そうなると大英帝国は本国自体がバラバラになる。

日本でいうと東日本と西日本が別々と国になるようなモノ。


EU側はイギリスを抜けるのは痛いのだろうけど

ピンチはチャンス!

記事によってはワガママなイギリスが抜ければEUは1つにまとまる!

的な見方もあるようだし、今後数年かかるであろう離脱までの時間で

EU側が優位になるのか
イギリスの判断が正しかったのか

わかるかな。

僕ら日本人には世界恐慌だけは勘弁して!

と願うしかないかな。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ