自画自賛  

ウェットレースだったリンクスRd-4。

ギックリ腰になった事もあり、動きにくいけど、時間はタップリあったので、自作パーツを作ってみました。

それはキャブガード。

今まではRS栃木製のキャブボックスを使っていましたが、使えるファンネルが限定されてしまうという大きな問題がありました。

そこで地道にプラ盤を切り抜いて自作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

チーム員からは

「え〜RS栃木のボックスの方が雨入らないんじゃないの?」

と言われましたが結果は凄く良かったです。

雨の侵入を抑える事が出来て、走行後でもファンネルに水滴はなく、キャブガード内側にも水滴は皆無でした。

走行中もガボガボいうような事は全くなく、安定して走れた事が結果に繋がったかなと思います。

作るのに数時間かかったけど、作って良かったです。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ