様式(ルール)守らなくていいの?  

色々なスポーツ界でパワハラ等の問題が続出していますが、1つ気になったのが貴乃花親方の問題。

色々あって相撲協会を辞職するにあたり、相撲協会は引退届ではなく辞職願いを出しなおしてくれという対応にマスコミ等は

「相撲協会は硬い!」

って。

この点は理解できないんだけど。。。

相撲協会も組織。

貴乃花親方も相撲協会から給料を貰っている立場。

一般的に言うならば会社を辞める訳でしょ。

その為の書類に不備があれば、訂正してください。

っていう対応のどこに問題があるのだろう。

組織なのだから、組織が決めたルールに則った対応をしない貴乃花親方の問題でしょ。

それを度返しして相撲協会の対応が悪いって言う事は違うんじゃないかなと思う。

今までのイザコザはあるけれども、組織人である以上は「ルール」は守るべきなんじゃないのかな?

ルールを守らない

のと

改革をする

事は全く違う事だと思うんです。

今までもルールは守った上で対応するべきなんじゃないのかと感じた事がありました。


それにしてもこれだけ改革と突き進んだのに、形はどうあれ最後には弟子を投げ出して辞職するという結果になった事はとても残念です。

思うように行かない事や辛い事も沢山あるでしょうが、最後まで諦めず行動をして欲しかったな。。。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ