こちらは二次創作を扱っております。 興味が無い・嫌悪感を感じる方等は退出願います。 大好きという方は大歓迎です!! 禁止--画像・文書の無断転載!! ◆版権元の製作会社・関連企業及び制作物と等サークルは一切関係御座いません。 ◆歴史上の人物と同名のキャラクターがでていますがこちらも実在の人物とは一切関係御座いません。 ◆男性同士の恋愛要素が含まれております興味の無い方・嫌悪感を持たれる方・許せない方は御退室していただくことをお勧めします。 気分悪くなっても責任持てませんので・・・。

2008/9/27

全国大会R4!!  イベント情報他

来た-------------!!!
全国大会R4の参加証が来ました。

10/19 東京ビックサイト 西1ホール

    「厳-57b」

で「イナズマ印の片倉物産」は参加します。
遊びに来てね


2008/9/27

妄想的台詞劇場・その5  妄想的台詞micro劇場

KALEID SCOPE(万華鏡)--副題(元親がいっぱい)

****************************

幸村・・・「伊達殿、それは?いったい何を覗いているのでござるか?」
佐助・・・「新種のアイテムかねえ?俺もまだ見たことない代物だねえ?」
政宗・・・「おう、こいつか?、こいつはなぁ、KALEID SCOPE っていうやつだ。」
幸村・・・「カレイの煮付け?」
佐助・・・「違うよ旦那『カレイドスコープ』って言ったんだよ。どうやったら『カレイの煮付け』に聞こえるの。」
幸村・・・「おお、『かれいどすこおぷ』というのか、で、それはいったい何が見えるのでござるか?」
政宗・・・「こいつは南蛮の玩具だ、覗き穴から覗くといろんな模様が見えんだ。」
幸村・・・「いろんな模様??伊達殿、それがしにも見せてはくださらぬか?」
政宗・・・「An?いいぜ、ほら。」
幸村・・・覗く、「おお、これは!!美しい模様が無限に広がってなんと、美しき眺め。このようなものどこで?」
政宗・・・「Ha、この前元親の船に乗った時にみつけてよ、面白そうだったから借りてんだ。」
佐助・・・「鬼の旦那の持ち物か、なるほどね、綺麗なものすきそうだもんね。」
幸村・・・「うむ、本当に美しいぞ。」
政宗・・・「ま、模様も面白いんだがよ、この先に付いているこいつを外すとだ・・」
幸村・・・「おお、向こう側の景色が、上にも下にもいっぱいに増えたぞ!!!」
政宗・・・「そうよ、映したものが増えて見える仕組みだ。」
幸村・・・「とゆうことは・・・・」ガサガサぽっけを漁って団子を出す。
佐助・・・「ああ旦那!そんなところに団子を入れてたの?
幸村・・・「佐助、これを持て!そして・・・・おおおおお!!!!団子が!団子がいっぱいに増えたぞっっっ!!!こ・こんなにいっぱいの団子!!喰いきれぬっっ!!!」
佐助・・・「いや、旦那、いっぱいに見えてるだけだから・・・。」
幸村・・・「うおおおおおお。」
政宗・・・「HaHan、面白れえだろ。で俺様はだ・・・」幸村から受け取り、向こう側を歩いている元親をそれで見る。
「ヒュー、上にも下にも元親だらけだぜ!!Ha!こんなに元親がいっぱい居たんじゃぁ、俺様の体がもたねえぜ!!!」

佐助・・・「ちょっと、龍の旦那!うちの旦那純粋なんだから、そおゆうこと言うのやめてくれる。」

幸村・・・「・・・・佐助?意味が分からぬ???」

政宗・・「純情Boyの世話も大変だな。」
佐助・・・「いいの、旦那はいつまでもこのままでいて!!
幸村・・・「・・・????」

**************************


私も〜、私も〜、いっぱいのチカちゃん見たい〜、って言うか1人欲しい・・・。
ああああ、等身大フィギアとか出たら絶対買うな・・私・・・。まあ出ないだろうけどね。(大馬鹿やん)



2008/9/25

出来た!!  イベント情報他

昨日は最終打ち合わせでした。
「月わたる風」
は一応、原稿完成
あとは、印刷所に送るだけ。
早くスペースNO、こないかなぁ。
ココだけの話、私の小説」の挿絵かつおちゃんに描いてもらったんだけど、
ふっふっふめっさいい
ああ、早く本の形を見てみたいですわぁ。

2008/9/21

小十郎  イラスト

だんでぃ〜小十郎です。かつおちゃんの描く兄さん達はほんと色気がありますねぇ。

さて、先日UPした妄想台詞劇場のその4で政宗が言っている「俺様の○○○○○○○○」を私も考えてみました。

「俺様の右目の畑の土で作った泥パック」とか、
「俺様の右目の畑で採れたきゅうりで全身パック」とか、
「俺様のスペシャル美白マッサージ」とかね、ほら、いろいろありますよねぇ〜。
(えっめっちゃ、逃げてるって?まあ、それぞれ頭の中の想像《妄想》は自由ということでっっ)
ひゃっひゃっ

続きを読む

2008/9/19

「妄想的台詞劇場・その4」  妄想的台詞micro劇場

美白の秘訣

******************************

まつ・・・「長曾我部殿、長曾我部殿ではございませぬか?」
元親・・・声の方に振り返る「ん?ああ、あんたは前田の、」
まつ・・・「前田利家の妻まつめにございまする。先日はとても良い香りの香油をいただき犬千代さま共々、大変嬉しく思っておりまする。」
元親・・・「はは、そいつは良かったぜ俺が着けるよりもあんたみたいな可愛い嫁さんが着けたほうが香油も嬉しいと思うだろうぜ。」
まつ・・・「まぁ、長曾我部殿。 ところでひとつお伺いしたいことがございまする。」
元親・・・「ん、なんだ?」
まつ・・・「長曾我部殿の肌はいつも白く艶やかと皆が言っておりまする、わたくしも今見てそう思いました。そこで長曾我部殿の美白の秘訣を教えていただきたいのでございまする。」

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ