谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/2/24

週刊タニワキ(2月24日)  週刊タニワキ

 18日(月)、会議と打ち合わせが5件。19日(火)、外出してあちこちに説明。20日(水)、打ち合わせ多数。研究会の資料の修正。アイルランドからお客さん。「いやー、ダブリン行きたいですね。ギネスのみながらチーフタンズとかアルタンとか聞きたいです。」というと、すごく喜んでいた。21日(木)、朝8時から虎ノ門で会合。研究会の資料の再修正のあと、夕方から勉強会。22日(金)、昨日に続き朝8時から永田町で会合。来週発表予定の資料をチェック。研究会の資料の修正。打ち合わせ。夜、溜池山王の四川料理。美味いが、こりゃ辛かった。
 23日(土)、研究会の資料など修正。昼までは暖かい感じだったが、午後は風が強く寒い。24日(日)、早朝から昼までかかって原稿の修正で費やす。午後は麻布十番へ。

追記

1 放送政策担当のY君は、最近、私と会話するときに明らかにブログネタを提供しようという野心が見える。ある勉強会で私がサンドイッチに手をつけていなかったところ、
Y君(ニヤニヤしながら)「あれ?タニワキさん、やっぱりサンドイッチ食べないんですね。」
ワタシ「当たり前じゃ。日本人はコメを食え。それはそうと、この間新幹線に乗ったら、N700系でね。コンセントが付いていてパソコンの電源気にしなくてよくってね、便利だったよ」
Y君「へぇぇ。なら新幹線の中でもゴハンが炊けますねぇ。」
ワタシ「う、うん。まぁ、理屈ではな。」
相変わらず関西キャラ全開であった。

2 朝、味噌汁を自分で作ることが多い。味噌をよく溶かさないと味噌ダマができる。A型の私には耐えられない。でも時折ヨメが作る。
ワタシ「あっ!味噌ダマ。嫌なんだよな、これ。」
ヨメ「ん?何?“当たり”じゃん。」
むむむ。反論をあきらめて静かに味噌ダマを溶かすタニワキであった。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ