谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/6/1

週刊タニワキ(6月1日)  週刊タニワキ

 26日(月)、午前中は定例の会議と打ち合わせ2件。午後は新幹線で京都へ。夏のように暑い。スタンフォード大日本校が同志社大内にあり、ここで日本のブロードバンド政策について講義。久しぶりに英語のプレゼン。学生はとても熱心。時間の合間をみて奈良を短時間訪問。30数年ぶり。東大寺の大仏(やっぱりでかいね!)から正倉院の脇に周り、塀の合間からのぞきこむ。東大寺に戻り、参道は修学旅行生が多数。「せんせー、鹿がっ、鹿がぁ」と叫んでいる声に振り向くと、中学生の男の子の「修学旅行のしおり」が鹿に半分食べられていた。最初「両手でひっぱりなさいっ」と叫んだ先生。そのうち「手を離しなさーいっ」に代わり、今度は先生が鹿と直接対決で格闘。何とか「しおり」を取り返したものの、シュレッダーに半分かけた書類状態。
クリックすると元のサイズで表示します
その後、タクシーで移動して平城京跡を短時間ぶらぶらする。草のにおいがとても心地よい。
 27日(火)、インターネット政策懇。引き続きオブザーバーからのプレゼンと議論。とても有益。打ち合わせが数件。夜、大久保で韓国料理。美味!昨日届いたアメリカのプログレバンド”Magellan”と”Happy the Man”を聞く。特に”Magellan”のひねくれ者のコード進行がおじさんのひねくれた心をチクチク刺激するね。
 28日(水)、朝から打ち合わせが続く。明るい打ち合わせもあれば、あんまり明るくない打ち合わせも。夕方、プラットフォーム研関係の議論。夜、DC時代の知人と久しぶりに虎の門の焼き鳥屋で食事。40代も後半になってもね、不惑には程遠いですわな、的な話。
 29日(木)、朝から雨。午前中は打ち合わせ2件。昼食食べる暇なく代々木にてMCFの講演。聴衆の皆さんも熱心(記事はこちら)。代々木駅の近くの天下一ラーメンで今年初の冷やし中華。店員さんがみんな中国の人で中国語でしゃべっている。ここは大久保か。電車で横浜へ移動。神奈川経済同友会でブロードバンド政策の講演。参加されている皆さんはとてもえらーい経営者の方ばっかりなので、おそらくネット系の最近の動きとかインターネットの仕組みとか説明した方がいいんだろうなぁと思ってそこに時間をとっていて、珍しく予定時間を超過してしまった。不覚。。。
 30日(金)、前日早く寝たので明け方4時に目覚めてしまい、仕事開始。朝からJason Mrazのニューアルバムをダウンロード購入。ご機嫌。午前中は来週の講演資料を何本か作る。午前中だけで1日の仕事をしてしまった感じ。午後はプラットフォーム研関連で「現場の生の声を聞く」ミーティング。夜、秋に開催予定のコンファレンスの打ち合わせ。
 31日(土)、終日、職場でプレゼン資料とか仕込み資料とか作成。1日(日)、久しぶりの完全休養日。プールで泳ぎ、志村坂上の温泉にて3時間ほど。

追伸 先日出版した拙著「世界一不思議な日本のケータイ」。よく聞かれるのが「いつ書いたんですか?」という点。はい。年末年始で書きました。その頃はレッツノートが手にいつも張り付いている状態でした。もう一つ。「なぜいつも1800円なんですか?」これは偶然です。出版社も全部違いますからね。でも。原油価格高騰のなか、タニワキの本は歯をくいしばって価格を維持、安心価格です、ということであります。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ