谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/7/22

週刊タニワキ(7月21日)  週刊タニワキ

14日(月)、朝は定例の会議。午後は木曜のコンファレンスの打ち合わせなど。なんとなく席にいないで歩き回っていることが多い。融合法制の意見締め切り。夜、DC時代の友人と会合。
 15日(火)、午前は来客2件。午後、国際競争力の会議。議論有益。午後4時過ぎから「通信プラットフォーム」について講演。東プリの裏にあんなに立派なホテルができてるの知らんかった。すごい数の皆さん(500人くらいだったとのこと)に聞いていただいて感謝。職場に戻ったあと、メディア関係の皆さんと意見交換。
 16日(水)、朝は定例の会議。この「定例の会議」というのが今度の職場では結構多い。午前から午後にかけて来客数件と部内の説明数件。今後の段取りをあれこれ考える。 
 17日(木)、打ち合わせ数件。新規プロジェクトのネタをあれこれ考える。夜、慶応で通信プラットフォームのパネル討論2時間。その後、赤坂にて今後のプロジェクトの進め方について作戦会議。
 18日(金)、虎ノ門パストラルの会合に短時間顔を出して、9時から会議。その後打ち合わせ数件。久しぶりに長い会議。だいぶプロジェクトのイメージが固まってきた。夜、小渕内閣時代の秘書官会。もう7年近く続いている。こんなに続いているのは結構珍しいのだそうな。
 19日(土)、複数のプロジェクト用の資料を作成。夜、久しぶりに神宮球場。広島対ヤクルト。ボロ負け。でも倉と栗原のホームランがすぐ近くに飛び込んできて満足。きれいなホームランだった。7回表用に用意していたバルーンが6回裏のヤクルトの大量得点の段階で飛び交っていた。ファンもヤケクソ。7回にあがる神宮の花火はきれいだった。
クリックすると元のサイズで表示します
 20日(日)、箱根。あじさいがまだまだ綺麗。温泉三昧。
クリックすると元のサイズで表示します
 21日(月)、東京に戻ってRick Wakemanのコンサート。すごい技。アーサー王、ヘンリー8世、地底探検、イエス、さらにはビートルズまでワンマンで弾く。とにかく圧倒された。眉毛のあたりとか白くなってきていて、かなり年とった感じ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ