谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/11/23

週刊タニワキ(11月23日)  週刊タニワキ

 16日(日)、朝6時から昼過ぎまで頼まれていた原稿をひたすら書く。ネット時評用のプラットフォーム研の原稿、電子情報通信学会用のネット中立性の原稿、経済セミナー用のモバイルの原稿を全部まとめてレイヤー論で整理するもの。とりあえずの全体像が出来たので、ちょっとホッとしてスーパーで買い物。Jimmy Webbのニューアルバムが出ているのを偶然知り、iTunesでダウンロード。渋くて良い。これ、今年の最高傑作。ヨメさんと巣鴨の温泉Sakura。お肌ツルツル。戻って、カキの味噌仕立てと芋煮を作る。篤姫、本日も最高だった。

 17日(月)、早起きして自宅で引き続き昨日の原稿を修正。朝、定例の会議。ビジョン懇関連の事務。午後、渋谷で法体系のプレゼン1時間、そのまま新御茶ノ水に移動して印刷媒体の皆さんにモバイル関連のプレゼン。夜、赤坂にてプラットフォーム系の打ち合せ。本日は歩数が2万歩を越えた。深夜、ウチに帰ってNHKフロントランナーの宮崎あおいを見る。うーん、よかった。

 18日(火)、早朝、引き続き原稿の修正。ようやく完成。ワード文書で22ページ。結構大部になった。先方に送る。午前は米国通信会社からのお客様。日米の通信政策について議論するが、ネット混雑論についてのアプローチが随分両国間で近くなってきた。米国の議論の進み方は早く、1年前は随分リードしていたが、ほぼ同じラインに立っていると感じる。日本における通信政策の議論にも停滞は許されない。午後、大岡山にて打ち合せ。戻って、雑用を片付けていたら9時を回っていた。

 19日(水)、朝は定例の会議。幹部説明1件。明日の会議の資料確認。夕刻、勉強会。オバマ政権の方向性や選挙戦中の選挙コミュニケーションについて。赤坂にて別の打ち合せ。

 20日(木)、ボジョレーヌーボー解禁日。朝8時から勉強会。米国大統領選挙の結果について外務省の解説を聞く。戻って10時から、ビジョン懇WGの第1回会合。午後、融合法制の打ち合せ。夕刻、ネット上の広告戦略について1時間半みっちり勉強会。その後、TBS裏のお店にて深夜まで打ち合せ。ボジョレーヌーボー、結局本日は飲まず。テレビで米国ビッグ3の議会証言をやっていた。議員が「きょう(議会に)民間航空機で来た人はいますか?」ビッグ3、無言。再び議員が「では、民間航空機で帰る人はいますか?」再び無言。結構インパクトあった。みんな高価なプライベートジェットに乗っていて公的資金もないもんだ、ということですね。

 21日(金)、朝9時から会議。そのあと、プラットフォーム関連の打ち合せ。午後、コンテンツ関連の打ち合せ、予算関連の打ち合せなど。電子政府関連のお勉強。来月始めに掲載するウェブの原稿を考える。夜、自宅でボジョレーヌーボーを飲む。昨年ほどではない。

 22日(土)、休養。近所の早稲田松竹で”In the Valley of Elah”と”Michael Clayton”を見る。前者はイラク戦争に絡んだ話。ちょうどフセインが捕らえられたころで、当時はDCに住んでいたので皮膚感覚としてよくわかった。後者はジョージクルーニーの主演。やっぱり車は日産アルティマだった。久しぶりに新宿のディスクユニオン「プログレッシブロック館」にてIt BitesとNeal Morseの新作を購入。夜、キムチ鍋を作る。TSUTAYAでMarvin Gayeを借りる。

追記 

1 ブログの写真が変わりました。「どこの国の人かわからん」「痩せたから顔が違うぞ」などと数多くのご批判をいただく中、今回は「普通の日本人に見せる」をテーマに写真を撮っていただきました。昔、京都御所で家族と一緒なのに私だけ英語のパンフレットを渡され、昨年のジャカルタ出張では現地の言葉で話しかけられ、3年前ペルーはリマのホテルの前で「お前はインディオだろう?」と言われたタニワキであります。

2 キャロル・キングのコンサート。東京国際フォーラム。3年前にバージニアで見たのと同じwelcome to my living room tourだった。バージニアでは野外だったが、今回は音響もよく、また演奏する曲目も少し変更されていて、高音の声のかすれ方が一層ラフでとっても良かった。60を越えているとは思えない、素晴らしいコンサートだった。

3 オバマ次期米大統領はYouTubeで定期的に演説している。昔の「炉辺談話」以来、大統領が国民に呼びかける演説はラジオと相場が決まっていたのだが、ここでもネットの流れが。


すっかり晩秋、近くの甘泉園にて。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ