谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/11/30

ケータイ料金は半額になる!  書評

 山崎潤一郎氏の新刊「ケータイ料金は半額になる!」(講談社刊)は、モバイルビジネスを取り上げたもの。モバイルビジネス研究会から通信プラットフォーム研究会などの流れを丹念に追い、解説を加えている。かなり詳細な事実関係を明らかにしている。その逐一の内容について当事者の端くれでもある私が論評を加える立場にはないが、モバイルビジネスにおける垂直統合と水平分業の選択可能性という問題を包括的に解説しており、辛口のモバイルビジネス論となっている。
 特に英国の広告モデルの無料MVNO"Blyc"の話や”おてつだいネットワークス”の話など、ケータイでそこまでやれるのかという点が面白かった。一読をお奨めしたい。09年は、モバイル業界が本当の意味で大変革を経験する年になるだろう。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ