谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/12/29

週刊タニワキ(12月29日)  週刊タニワキ

 20日(土)、予算原案内示。午前は中野界隈で雑用。午後、職場にて資料作成と新年早々掲載の日本ビジネスプレス用の原稿執筆、ビジョン懇関連のアイデアを練る。

 21日(日)、風が暖かい。午前は中野界隈で雑用。1万歩以上歩く。その足で巣鴨温泉Sakuraへ。極楽。八代大臣時代の政務秘書官に裸でバッタリ会う。帰路、本屋に立ち寄る。本屋に行くことが少なくなった。それに本を探すのが面倒に感じる。ほとんどアマゾンで買っているもんねぇ。夜、M-1を見ていたが途中で寝てしまった。

 22日(月)、コートを着て通勤したが、暖かくて汗をかく。午前中は定例の会議の後、ビジョン懇関連の打ち合せ。午後、珍しく特段の予定なし。英国のプロジェクトを勉強しつつ、ビジョン懇に盛り込むべく案件を整理。来客数件。後はひたすらビジョンの素案を作る。夕方以降、雨。丸ノ内線は結構空いていた。そうか、きょう休むと4連休か。帰途、NBCニュースを見ていたら、連邦政府の空きポジション情報の本がバカ売れしているとか。そうだろうなぁ。

 23日(火)、天皇誕生日。午前は韓国と英国の最近の動向について資料を作る。また、NikkeiNetのアンケートの回答を書く。午後、新宿にて用を済ませる。久しぶりに家族全員がそろい、食事。

 24日(水)、朝9時から定例の会議、ビジョン懇関連の打ち合せ。昼、日枝神社近くで出版社の方と昼食を兼ねた意見交換会。午後、ビジョン懇関連の打ち合せ。内閣府にてビジョン懇関連の意見交換。その後、IPv6を使った実証実験の打ち合せ。そろそろ、ICT新規事業国際展開プロジェクトの準備に入らないといけない。

 25日(木)、朝9時半から鉄道関係のブロードバンド整備の新ネタについて打ち合せ。秋葉原にてビジョン懇関連の打ち合せ。コンテンツ業界の盛り上げ方を議論。午後1時からコンテンツSWG。プレゼンはそれぞれ気持ちが伝わるが、その間を埋めるのが難しい。その後、大手町の経済団体にて融合法制などについて打ち合せ。戻って、明日の経済財政諮問会議の関係で大臣説明。さらにクラウド関連の打ち合せ。最後に、融合法制の打ち合わせ1時間半。席に座っている暇なし。

 26日(金)、今年最終日。午前はビジョン懇関連の打ち合せ1件。取材1件。晴見にて意見交換。尊敬するK先生に「タニワキさんの”インターネットは誰のものか”を昨日読みましたよ」と言われて恐縮至極。その後、新宿に移動して、ビジョン懇関連の打ち合せ。戻って、Aさんと打ち合せ。来年の米国への対応などについて。赤坂にて来年の予算関連プロジェクトの打ち合せ。アイデア出し。職場に戻って、局内の御用納めでちょっとだけビールを飲む。またまた席に座っていない外回りの一日だった。

 27日(土)、自宅にて、午前中は新年の講演の資料を2本作る。また、大学紀要の初刷りがあがってきたので校正をかける。午後、中野と新宿で雑用。とっても寒い。夜、すべらない話をみていたが、M−1に続き、またまた途中で寝てしまった。。。

 28日(日)、痩せたせいだろうか、寒さを例年より感じる。一枚これまでより余計に着る。職場に出て新年の講演資料「2009年の政策アジェンダ」を1本作る。予算関連プロジェクトの進め方の資料を修正。昼、赤坂のベトナム料理屋で久しぶりにフォー(DCにいる頃は毎週食べておりました)を食べた後、来年の政策展開について作戦会議。職場に戻ってビジョン懇の資料作成。全然、歳の瀬という実感がわかない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ