谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2009/1/1

変われる国・日本へ---イノベート・ニッポン  書評

 坂村健先生の07年の著作(アスキー新書)。イノベーションとは次々と新しいことを仕掛けていくことであり、イノベーションが起こりやすい環境を整備していくことが必要であると説く。

 キーワードとしては、オープン、ユニバーサル、ベスト・エフォートの3つを挙げる。また、イノベーションの類型を3つに分け、プロダクト・イノベーション、プロセス・イノベーション、ソーシャル・イノベーションの3つに分ける。3番目のソーシャル・イノベーション(具体例としてのインフラ・イノベーション)が重要であるにも関わらず、日本はこの部分がダメだとする。要素技術は強いが、面展開可能なイノベーションが生まれてこない。イノベーションのジレンマを考えると、これを打開するためには、産学官官民連携が必要と主張する。ただし、目標志向型の政策プロセスはダメとする。このあたりは政策目標の提示の在り方についてのバランスの取り方のような気もする。

 ともあれ、イノベーションを考える上で大変示唆に富む内容であるにもかかわらず、平易に書かれているので参考になった。良書だ。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ