谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2009/2/16

週刊タニワキ(2月16日)  週刊タニワキ

 9日(月)、朝は定例の会議2件。午前は近々発表予定の資料の直し。来客1件。午後、今後の取り運びの打ち合せ。良いアイディア出る。融合法制の打ち合せ2時間。その間に抜け出して官房説明1件。空いた時間に金曜のビジョン懇SWGの資料を修正。午後6時からユビキタスネット社会推進協議会の設立総会。NRI村上さんのプレゼンがとっても良かった。これまでユビキタス関連の実証実験が500件も行われていたとは。

 10日(火)、午前は金曜のSWGの資料の修正。永田町に説明1件。午後、晴海にてご説明1件。来客1件、新聞メディアの将来像について議論。新聞はプロとアマが混じり合ったSNSの発展系みたいになるのではないだろうか。国際競争力関連の資料を読み込む。夜、赤坂で打ち合せ。
 米国ではデジタル放送への完全移行が6月12日まで約4か月延期されることになったが、オバマ政権は公約どおり、この法案についても署名前5日間のパブリックコメントを求めた。すべての法案について、このような取り組みをしている。どのように意見を活かすのかが興味深い。そこを明らかにしてこそ、初めて開かれた政府と言えると思う。

 11日(水)、祝日。散髪。買い物。昼、スパゲッティ作る。夕方までJBPの原稿を書く。慣れないエクセルのグラフ作りでもたつく。映画”A Farewell to Arms”(武器よさらば, 1932年)を見る。

 12日(木)、朝、国際展開のプロジェクトの打ち合せ、医療情報化関係の打ち合せと続く。午後、ビジョン懇談会関連の資料修正。融合法制関連の打ち合せ。夜、認証基盤関連の勉強会。こういう時期こそ、小異を捨てて大同につくプロジェクトを推進すべき。それが次の段階の日本の競争力につながるはずだが。。。途中で抜け出して別の会合。在米経験が長く、エンジニアのバックグラウンドを持っている方のお話は若々しく、とっても有益であった。

 13日(金)、朝は定例の会議。モバイル関連で来客1件。10時からビジョン懇新産業創出SWGの会合。午後、赤坂でご説明1件。戻って、ビジョン懇関連の資料修正、融合法制打ち合せ、国際競争力関連の打ち合せ。なぜかメディアの皆さんからの電話が多い一日。
 オバマ大統領のタウンミーティングで、アフリカ系のおばあちゃんが大統領に「家を失い、車で暮らしています。どうか助けてください。」と切々と訴えた。2日後、このおばあちゃんに、無料で借家が供給されたんだと。

 14日(土)、暑い。午前中は自宅でメールの処理や面白いサイトの検索、iPod touchのアプリ探し。午後、西荻窪で用事。梅の匂い(下の写真)。夕方、高田馬場の焼肉屋。
クリックすると元のサイズで表示します

 15日(日)、吉祥寺で用事。午後、三鷹のジブリ美術館(下の写真)。なかなか良かった。武蔵境で用事。
クリックすると元のサイズで表示します

追記 iPod touchのソフトに青空文庫(400円)があったので購入した。勝海舟やら夏目漱石などの本を読める。フォントも自由に変えられる。これはとっても便利だ。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ