谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2006/9/11

首に何をかけますか?  エッセイ

DCから帰国して早くも1年2か月が経った。緑あふれるあの生活も、今や遠い昔。あぁ、夏でも息が白くなりそうな、あのガンガンに冷房の効いたアメリカのオフィスが懐かしい。何せ日本は経済温度28度ですからね。でも実際はプリンターとか外光の影響で夜になっても32度超えてます。熱帯です。燃えてます、霞ヶ関。

あ、そんな事を書こうとしたんじゃなくて、首です、本日のお題は。というのは、帰国した1年ちょっと前に最も違和感を感じたことの一つが首から携帯をぶら下げている人の多いこと(少なくともウチの職場では)。首からIDカードをぶら下げるのは、おそらく米国で始まったんだと思いますし、もはや日本でも当たり前の光景になった。ただ、日本のIDの写真は皆な真面目な顔してますけど、アメリカの皆さんのIDの写真は笑ってますねぇ、かなりの比率で。

でもって、アメリカ、少なくともDC近郊で働く皆さんは首から電話をぶら下げていることは無かったように思う。IDカードか眼鏡か、そんなところ。携帯は腰にぶら下げている人が多かった。最近ではブラックベリーも増えてきて、それにiPodなんかも出てきて、それにセキュリティの人達はトランシーバー。鍵もジャラジャラ(また鍵の数の多いこと、多いこと)。腰の周りにあれこれぶら下げていて、やっぱり、アメリカはカウボーイの国だなぁと感じ入ったのであります。

首から何をぶら下げるかもお国柄があるみたい。ヨーロッパはどうなんすかね?なんて、首をかしげてるタニワキでした。あはは。
0



AutoPage最新お知らせ