谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/2/25

「次世代インターネットの競争政策」出版!  著作

クリックすると元のサイズで表示します
 昨年9月にまとめられたIP競争ルール懇談会報告書が一冊の本になって、日本評論社から出版されました。タイトルは「次世代インターネットの競争政策」で、IP競争ルール懇談会の座長であった林敏彦先生に監修をお願いし、私も、「激変する市場環境と通信器競争政策の新潮流」と題して、竹中大臣懇あたりから新競争促進プログラムに至る議論の流れなどを整理して解説しています。これに続く報告書本文も、図表などを再整理して、用語解説も新たに執筆して、全体としてコンパクトにまとまっています。補論として、これまでの電気通信競争政策の経緯も簡単にまとめています。こういった政策の経緯的なものは、これまであまり無かったこともあり、参考になるのではないかと思います。
 日本評論社のHPやアマゾンなどでお買い求めになれます。ぜひ一度お近くの書店で手にとってみてください。コンパクトにまとまっていて「お買い得」!
0

2007/2/24

週刊タニワキ(2月19日)  週刊タニワキ

21日(水)、会計制度の研究会。事業者の皆さんからのプレゼンテーションを基に、会計制度の在り方について活発な議論。とても有益であった。その後、情報通信審議会接続委員会で接続料の関連の審議。

その他は特に会議もなかったが、たくさんのお客様がお見えになったので、結構忙しかった。それと、来週月曜に発表予定の新しい施策の関係であちこちにご説明をしているうちに、あっという間に1週間が終わってしまった。来週前半もいろんな会議が予定されていて、その準備もしなくては。。。

追記 先週に続いて結構バテバテ(そうは見えないらしいのが問題)。机の上には、アリナミンEXプラス、リポビタンDスーパー2000、怪しいローヤルゼリーのドリンク、目薬のスマイル40、風邪薬のルル、正露丸、鼻づまりスプレーのナザールなどが散乱し、そこにペットボトルとコーヒーカップ、無数の資料が山積みの状態。というわけで、本日は休日の職場を見回しながら更新いたしました。
0

2007/2/17

週刊タニワキ(2月13日)  週刊タニワキ

13日(火)、MVNO事業化ガイドラインを公表。見直し案へのご意見約80項目について考え方を整理して同時に発表。

14日(水)、来週発売のIP競争ルール懇報告書の出版(日本評論社)について最終打ち合わせ。タイトルは「次世代インターネットの競争政策」。午後、LRIC研究会、WGでの検討を踏まえて活発な議論。久しぶりに非公開の会議。IP対応のLRICモデルの可能性などで議論白熱。その後、あわてて自民党電気通信調査会。携帯と国際競争力について、KDDIとNECからの説明・質疑。なかなか興味深いやり取りであった。

15日(木)、午前中にモバイルビジネス研究会第3回。引き続き活発な議論。午後、DC時代のアメリカ人の旧友が来訪。小人数の打ち合わせの多い1日。

16日(金)、午後に日経BP社のMVNOセミナーでプレゼン。帰ってきて、新しい競争ルールの作業部会。今回の作業部会、途中まで地味な議論だったが、後半は盛り上がってよい議論。独占禁止法と電気通信事業法の関係の概念整理など。

追記 いやはや忙しい1週間で、金曜にはバテバテ。そんな貴方にお勧めしたいのが野球。カープのHPでオープン戦の日程をチェックして手帳へ転記。そろそろシーズンだ。応援グッズのお手入れなど忙しいぞ。
0

2007/2/10

週刊タニワキ(2月5日)   週刊タニワキ

5日(月)、CIAJでモバイルビジネスについての説明会。7日(水)午前、P2P作業部会。プレゼンテーションが参考になった。8日(木)、早稲田大学で1時間半の講義。スイス工科大学へ留学している世界中の若手が聴講。話は垂直統合からユニバーサルアクセス、周波数割当まで。学生の皆さんの質が高く、楽しい講義になった。

スケジュール的にはすっきりした1週間。会合は少なかったが、来週に向けての準備作業や個別の会合が多く、「準備」と「お勉強」の1週間だった。

付記 暖かい1週間でした。話はガラっと変わりますが、マクドナルドのメガマックがすごい人気。1日限定何個まで販売とかね。いろんなサイトを見ていると、メガマックをさらにパワーアップさせて、「メガ層」、「ギガ層」、「テラ層」なんて。すごいぞ、ぼくらのブロードバンドマック。
0

2007/2/3

”YouTube革命”  書評

神田敏晶著「YouTube革命」(ソフトバンク新書)を読む。電車の中くらいしか読書時間がなく、読了に少し時間がかかったが、面白かった。2回読んでしまった。2回読んだのは「ウェブ進化論」以来。

HDレコーダが当たり前になり、今までは”チャンネルというX軸と時間帯というY軸上で検索されちいただけだが、これからは出ているタレントや見たいキーワードでヒットしたものだけを見るようになり、そう遠くないうちにチャンネルという概念も崩壊するだろう。”というのはそのとおりだと思う。

情報の時間軸の自由度が増すというのは、はじめてVTRを購入して、時間どおりにTV番組を見なくてよくなった時の感動を思い出す。

”「TV2.0」に対応したディスプレイは、データマイニング技術やRSS、ソーシャルネットワーキングサービスらのマッシュアップ(組み合わせ)によって情報が高度化されていく”という指摘も、まさに自然の流れと納得。

とすると、”「オープンソース型のマーケット」を形成していくだろう。「ソフトウェア企業」「ネット企業」「メディア企業」は三位一体化していき、ハードウェアであるパソコンは、ますます携帯化に拍車をかけ、新たなモバイル文化を形成し始めようとしている”という方向に流れていくという指摘にも合点がいく。通信と放送の融合やモバイルビジネスの方向性にも含意がある。

一読をお薦めしたい好著だ。

一昨日も、ワンセグをPC上で視聴・録画できる「ちょいテレ」で録画したお気に入り「ロック・フジヤマ」(月曜深夜午後1時)をPCで見た後、続きをGyaoで視聴(この番組はTV放送後の部分を引き続いてGyaoで見せている)。ちょっと気になるアーティストの商品をアマゾンでチェックした後、マイスペースでPVを視聴。融合とか連携とか、なんか自然の流れになっている感じがする。

いずれにしても神田氏の、”シェアの奪い合いの時代から、ユーザーの「可処分時間」を共有し、「競争から共創」する時代に向かうだろう”という指摘が実感される。オープン・協働型のビジネスモデルをおそれずチャレンジしてみることから、次の市場が見えてくるはずだ。
0



AutoPage最新お知らせ