谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/2/24

週刊タニワキ(2月19日)  週刊タニワキ

21日(水)、会計制度の研究会。事業者の皆さんからのプレゼンテーションを基に、会計制度の在り方について活発な議論。とても有益であった。その後、情報通信審議会接続委員会で接続料の関連の審議。

その他は特に会議もなかったが、たくさんのお客様がお見えになったので、結構忙しかった。それと、来週月曜に発表予定の新しい施策の関係であちこちにご説明をしているうちに、あっという間に1週間が終わってしまった。来週前半もいろんな会議が予定されていて、その準備もしなくては。。。

追記 先週に続いて結構バテバテ(そうは見えないらしいのが問題)。机の上には、アリナミンEXプラス、リポビタンDスーパー2000、怪しいローヤルゼリーのドリンク、目薬のスマイル40、風邪薬のルル、正露丸、鼻づまりスプレーのナザールなどが散乱し、そこにペットボトルとコーヒーカップ、無数の資料が山積みの状態。というわけで、本日は休日の職場を見回しながら更新いたしました。
0



AutoPage最新お知らせ