谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/3/28

週刊タニワキ(3月19日)  週刊タニワキ

 19日(月)、モバイルビジネス研究会。4社からプレゼンをいただき議論。MVNOに関する意見が中心。その後、情通審接続委員会。今月末の接続ルール答申の修正案について審議いただく。
 23日(金)、P2P作業部会。具体的な議論で勉強になった。
 あれ?今週は会議これだけ?と思ってしまう自分が怖い。。。最近、会議が週3回くらいないと体調が悪い、、、訳ないでしょ?

追記 19日、自著「融合するネットワーク」(05年9月刊)でテレコム社会科学図書賞の奨励賞をいただいた。関係者の皆様に感謝。昼前から授賞式。12時半からパーティー、つうのに、研究会が1時からあるので、急いでコンビニでオムスビを買って、飛び乗ったタクシーの中で食べた。んぐ。この間、後輩から「タニワキさんの本って、典型的なロングテール系ですよね?」といわれた。それって、売れてないってこと?後ろから3回くらい締めておいた。。。
0

2007/3/17

週刊タニワキ(3月12日)  週刊タニワキ

今週は論点整理を地味に進めつつ、後半は会議で関係者の皆さんのご意見を承ってとても触発されました、の1週間。

14日(水)、ネットワークの中立性に関する懇談会の第4回会合。オブザーバーの皆さんからのプレゼンの最終回。いろんな視点が提示された。終わった後、「この議論、どうやってまとめるんですか?」と聞かれる。わらかん。。。

15日(木)、参議院総務委員会でモバイルビジネス研究会の質問。質問が出ると朝早くの説明会に出なければならないので早起きした。政府控え室でお結びをムシャムシャ食っていて、白い眼で見られる。午後、会計制度研究会。こちらもプレゼン。結構論点が明確になってきている印象を持った。議論がかみ合って来ている。こちらも、そろそろ論点整理に入っていかなければ。

16日(金)、新しい競争ルールの在り方に関する作業部会。かなりコアの議論に入ってきた。会議室が暑くて意識を失いそうだった。構成員や傍聴の皆さん、どうもすみません。

追記 「最近、なんかブログが身辺雑記になってない?」と言われます。そうです。なってます(キッパリ)。これ、楽なんですね、1週間単位で手帳見ながら、「今週もきつかったなぁ」なんて思いながら書くのは。
 先週、プログレの事を書きましたら、数名の方から「やはりクリムゾンのスターレスは最高だ!」とか「ピンクフロイドが出てこないとはどういう了見だっ」などのメールが寄せられました。プログレファンはあちこちに生息しているんですね。うれしい限りです。ディスクユニオン新宿プログレッシブロック館で会いましょう!
 今週月曜にあんまり肩こりがひどくてつらいので、夜プールへ。夜10時まで新宿区民スポーツセンターが開いている。民間委託になってサービスも格段に向上しているような気がする。久しぶりに水泳して、あらら、スッキリ。火曜からガンガン飛ばしました。
0

2007/3/10

週刊タニワキ(3月5日)  週刊タニワキ

この間、2007年が明けたと思ったら、もう3月。コートの要らない暖かい日もあれば、すごく寒い日もあって、体調管理が大変な毎日。

さて、今週は穏やかな1週間で、特に会議もなく、暇でしようがありませんでした、、、フワァー(欠伸)、という訳もなく、かなり忙しい毎日であった。何せ研究会やら審議会がいっぱい動いているので。そろそろ論点整理に向けて、頭の整理をする毎日であった。

木曜の朝のある勉強会。国土交通省のお話を聞いていたら、社会インフラの老朽化が進んでいるとか。そうか、首都高速も東京オリンピックの時だからもう40年以上か。50〜60年くらいでヤバイということらしい。じゃぁ、もう直ぐではないですか?それと、高齢化が地方で進んでいて、10年以内になくなってしまう集落が2000以上あるとのこと。誰もすまなくなれば、橋の架け替えなどもいらないが、強制的にどうこう言う話でもなく。日本の抱えている問題は広いようだ。特に、山間辺地の高齢化・人口減少の話はユニバーサルサービスの話とも関係して、結構、考え込んでしまった。

追記 木曜夜に楽しみにしていたASIAのコンサートに出かけてきた。もう20年くらい前のバンドだが、何せ、イエス、ELP、キングクリムゾンなどのメンバーのバンドですからね。しかもラウンドアバウト、庶民のファンファーレ、クリムゾンキングの宮殿、ラジオスターの悲劇までやってしまった(ごめんなさい、知らない人には全くどうでも良い話です)。プログレ界の渡り鳥とかさすらいの演歌歌手といわれているジョン・ウェットンのボーカル、美味しゅうございました。髪が抜け落ちてマッドサイエンティストみたいになったスティーブ・ハウのギター、涙でございました。カール・パーマーの相変わらず下世話でズドンとくるドラム、感動でございました。会場を埋め尽くしたオヤジたちの盛り上がりは凄まじかった。大満足の一夜でありました。
0

2007/3/4

週刊タニワキ(2月26日)  週刊タニワキ

26日(月)、情報通信審議会事業部会。平成19年度接続料などを諮問。その後、業界団体との意見交換会。ネット中立性などについて議論。また、同日午後、ここ数週間検討してきた「競争セーフガード制度」の運用ガイドライン案を公表。

27日(火)、長期増分費用モデル研究会にて報告書案の審議。昼にはビットトレントの社長来訪。同行の役員の方はかつての小生と同じメリーランド州ベセスダ在住で、その方のお母さんが私の娘の通っていた高校の校医だったことが判明。なんという偶然!P2Pの作業部会に約2時間。1日に2つ会議に出ると疲れる。

28日(水)、ネット中立性の懇談会。今回は場所が確保できなかったので虎ノ門パストラルにて。たまには違うところでやると違った雰囲気でよい。今回もヒアリング。具体的な議論で得るものが多かった。そろそろ議論の方向性を考えていかなければならない。ただし、IP競争ルール懇の時とはかなり感じの違うレポートになりそうな予感。

追記 これを今、アパートのベランダで書いている。本当に3月初旬だろうか?朝の散歩で早稲田大南門通を通ったら、桜が満開できれいだった。もしやと思って神田川沿いの桜並木も見にいってみたが、こちらはまだ開花していない。ただ、きょうの陽気で一気に開花が近づいたのではないだろうか。桜の時期は燃える。野球のチケットも発売開始になったし。ちょっと早いけど、いよいよ春!
0



AutoPage最新お知らせ