谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/5/1

週刊タニワキ(4月下旬)  週刊タニワキ

ここのところ忙しさがハンパでなかったので更新が遅れてしまいました。週刊タニワキも「4月下旬編」というあいまいな感じになりました。

さて17日(火)、会計研究会。主要論点を提示して議論。19日(木)、ネットワークの中立性に関する懇談会。何週間も準備してきた主要論点を説明して議論。IP懇のときと比べると随分議論が具体的になってきた。その後、弁当を食べながら6月のパネル討論の段取りの打ち合わせ。そのあと、別の研究会のメンバーと打ち合わせ。さらに審議会。ユニバーサルサービス関連と接続料関連を諮問。20日(金)、午前中は海外動向に関連した打ち合わせ。午後は取材、打ち合わせを経て、競争ルールの作業部会。各社のプレゼン。

24日(火)、接続委員会。接続料の算定ルールの見直しについて、先週の諮問を受けての自由討議。さらに、ユニバーサルサービス研究会でヒアリング。霞ヶ関と赤坂で打ち合わせ。25日(水)、朝ごはんも食べる暇なく永田町へ出向いて会議。26日(木)、モバイルビジネス研究会。結構厚めの主要論点を提示。次回会合にはもっと詳しい主要論点を提出したい。というわけで3つの研究会の主要論点が出揃った。これから取りまとめに向けて忙しくなりそう。。。

三連休はお天気が好かったけれど、グッと我慢して職場に閉じこもって、朝から晩まで溜まった「ネット中立性」関係の原稿書き。疲れました。ゴミ箱をみたら3日間の弁当やらジュース類のゴミが山積みになってしまいました。

追記 元Spock’s Beardの Neal Morseの新作”Sola Scriptura”は久しぶりに聞き応えのある作品です。ルターの人生を歌ったChristian Progressive Rockです。プログレファンの皆様はぜひどうぞ。話はかわりますが、この間、ある用事で中野ブロードウェイに行ったら、駅から商店街を通り抜けるまで携帯電話の販売攻勢がずっと続いていて、びっくりしました。各社のブランドの服を着たお姉さん達が声を張り上げてティッシュ配ってます。おそるべし。。。ケータイ文化。
0



AutoPage最新お知らせ