谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/5/12

週刊タニワキ(5月7日)  週刊タニワキ

GW明けの1週間。といっても休んだのは数日なのであまり変化なし。週の前半はあちこちで打ち合わせ。テーマはモバイル、ユニバ、ネット中立性、融合関連、新ビジネスなど。あれこれ別の話をやっていて、普通だと頭が混乱しそうなものだが、それはない感じ。それくらい、それぞれの話題が相互に関連していると実感。

10日(木)、慶応で講義。ネット中立性。グーグルやユーチューブの話をしたので学生居眠りせず。夜、ワインの飲み放題。結構いけてました。

11日(金)、朝の勉強会。強風のために電車のダイヤが乱れて大変。競争ルール作業部会。午後、接続委員会。結構忙しかった。

時間が足りない。まぁ、どうにかなるさ。

追記

1 最近Joostが新たに4500万ドルの資金を確保したとの報道あり。CM挿入時間をかなり短くするらしい。ビジネスモデル自体がかなり面白い感じ。既にナイキやコカコーラなど30数社のスポンサーを獲得しているのだとか。バイアコムもついているし、やはりJoostは化けそうな気配。アップルがWindows版のiTunesをはじめた時にアメリカにいて経験したけれど、あれと同じようなワクワク感がある。

2 交通安全運動が始まると、歩道にテントたててお年寄りが黄色いジャンパー着てお茶飲んでます(昔、あのテントのロープが低くて、自転車に乗っていたら首を引っ掛けそうになった記憶がよみがえる)。まぁとにかく、交通安全だ!おーっ!
0



AutoPage最新お知らせ