谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/9/30

週刊タニワキ(9月24日)---インドネシア出張編(PART 2)  週刊タニワキ

25日(火)、ホテルのチェックアウトをして郵電総局にて会合。その後、コンファレンスの会場であるPTテレコムへ。どこか会議室で14〜5名程度でやるのかと思っていたら、とてもしっかりした会場で参加者は約150名。入口の登録受付のところで、お姉さんからインドネシア語で話しかけられる。「あの、私、スピーカーなんですけど」と英語でいうと、「その顔でお前、外人か?」という感じでにこやかに英語で対応してもらう。通信情報技術大臣やPTテレコム社長の挨拶の後、記念撮影。しっかり大臣の後ろに回りこんで写真に写る。大臣の挨拶で「日本からはタァニィワァキィに来てもらってと名前を発音しにくくそうに。それでいいですよ、と合図したら大臣もうれしそうに手を振っておられれた。
 その後、30分の基調講演。ネット中立性とNGN接続ルールをからめた話や新競争促進プログラム2010の話など。皆さん、熱心に聴いていただいた。なんと大臣も予定変更して私のプレゼンを聞いていただいた。感謝。
クリックすると元のサイズで表示します
 終わったら今度は郵電総局が急遽もっと話を聞かせろということになり、別室で1時間ほど質問攻めにあった。こういうのはとても楽しい。少しでもお役に立てるといいが。昼ごはんを食べる暇もなく、そのまま通信情報技術省で幹部と面談。とても気さくな方だった。ちょうど省の入り口でデモ中。なんでも、イギリスでのサッカーが昨年まで地上波で放送していたのが、今年から英国側の方針で放映できなくなったとのことで、これに対する抗議とのこと。音楽にあわせて踊りまくっていた。
 昼食も用意されるようだったが、ラマダンで地元の人は食べられないので、外国人が別の部屋に食事が用意されていた。
 会場にてOECD時代の旧友ティム・ケリーに再会。20年前、同じオフィスで仕事をしていた。本当に20年ぶり。お互いの家族の近況など。「それにしても白髪が増えたなぁ」というと、ニヤニヤしながら、「お前は米国に3年いたけど英国の発音を保っているのはとてもよい」というので、「そんなことはない、俺の発音は米国発音だと米国人にはよく言われたよ」というと、「何をいう。お前の発音は20年前に俺が仕込んだから生粋の英国だ」といって笑っていた。肩を組んで記念撮影。本当にあの頃は若かった。。。今も若いけどね。ふん。
クリックすると元のサイズで表示します
 会場を午後5時に後にして中華のお店へ。昼間、まったくのまず食わずで、にわかラマダン状態だったのでビールのおいしいこと、おいしいこと。甘露じゃ。そのあと、早々に空港に向かった。まったく観光なしのジャカルタ滞在だったが、とてもよい仕事ができたのではないかと思う。

追記 26日(水)、成田到着は朝7時半。そのまま出勤。きょうは「ジャカルタから出勤」だ。だ。だ。27日(木)、昨日取材を受けた携帯関係の企画がTBSラジオで朝放送される。午前、国際IT財団のコンファレンスに出席。モバイル関係。ドコモの夏野さん、クアルコム山田さんと議論。28日(金)、ほぼ打ち合わせでつぶれる。29日(土)、次週の講演原稿3本作成、依頼原稿の構成検討などで時間を費やす。来週からは本来のペースに戻れるか。。。

0

2007/9/30

週刊タニワキ(9月24日)---インドネシア出張編(PART 1)  週刊タニワキ

23日(日)、インドネシア出張。昨日自分のプレゼンのリハーサルをしていたら、持ち時間の30分を大幅に超えて45分くらいかかることが判明。慌ててプレゼン資料を少なくして30分ものに切り替える。というわけでバタバタの出発。100円ショップでこまごましたものを購入。海外旅行に100円ショップは欠かせませんなぁ。
 成田空港に向かう電車の中で10月初に出る報告書案の原稿のチェック。空港でコメントを整理して送信。フライト直前までバタバタする。空港で両替しようとしたら、前にいる4人組のお兄ちゃんが「グアムってぇ、ドルっすよねぇ」「ドルっていろいろあるみたいっすよ」「ウォンっじゃなかったっけ」「あれじゃないっすか?コメドルとかいうやつ」「あっそうっすねぇ」。君たち、本当に大丈夫っすか?
 ジャカルタまでは7時間半。結構長いフライト。でも空いていて、隣の席も空席。いつもの肘掛け争奪戦もすることなく、久しぶりにまとまった時間で本が読める。空港からホテルまで、本日は日曜ということで空いていて30分。恥ずかしながら、インドネシアは車が左側通行だということを知らなかった。チェックインの後、近所の中華でジャカルタで頑張っている専門家の皆さんと夕食。無線の固定電話があること、3.5Gまで携帯は入っていること、SIMロック解除がされていることなど、あれこれ興味深いお話を拝聴した。
 24日(月)、ホテルのネット環境は快適。朝から昨日のコメントを反映した報告書を再修正して送る。ヤフー動画を見ようとしたら、IPアドレスで拒否された。なーるほど。朝食をとった後、車で2時間くらいのところにあるバンドゥーンへ。インドネシアテレコムとNGN関連の打ち合わせ。そのあと、バンドン会議の資料館に行ってみたら閉館時間前なのにもう閉まっていた。バンドゥーンは大学なども多く、緑もソコソコあって、「まとまり」のある町。ジャカルタとは全然雰囲気が違う。食事は屋外にてインドネシア料理。コメが主体なのでニッコリ。全体的にとても口に合う。インドネシアは今ラマダンの時期。ちょうどお昼にコーランの朗読が流れてくる。すみません、仏教徒はおいしく昼ごはんを頂戴することといたします。
 それにしても、運転手の高速道路でのくぐり抜けは神業だった。とにかく路線変更が頻繁で、路肩経由での追い抜きや、前の車との距離50センチなどもざら。最初はドキドキしていたが、そのうち慣れてきて、帰りはゴーゴーといびきをかいて車の中で爆睡。車中から見える町並みが田舎の四国になんとなく似ていて、とても外国とは思えない。昔、経済協力の研修員受け入れの仕事をしていた際、インドネシアの研修生に「ウチの親戚に顔が似てるなぁ」と言われたのをふと思い出す。今回もインドネシア語で話しかけられた。先祖はインドネシア出身も知れない。車中から町をみていたら、ホカホカ弁当を発見!(その後、空港でも発見)
 ものすごい混雑を潜り抜けてホテルへ。ホテルの窓からみたジャカルタ市内はスモッグのせいでかすんでいる。それにしてもすごい交通渋滞。
クリックすると元のサイズで表示します
 その後、明日のコンファレンスの人たちで夕食会。といっても、ボツボツ集まってきて食事して、ワラワラといなくなっていく。インドの規制体、豪州のコンサル、北欧のメーカーをはじめ、いろんな国の人たちが一緒。英語でしゃべると結構疲れるもんだが、これだけ多くの国の人たちと「ビットストリームがどうした」とか「TD−SCDMAって、結局は」とか、同じテーマで話していると、とても楽しかった。こういう話になると、まったく国境は関係ない。途中でインドネシアの伝統のシャツが配られる。「あなたはXLね」とインドネシアのおばさん。「大丈夫?その、お腹周りとか」と他のインドネシアのお姉さん。あまりにも的確な観察眼に脱帽。

 
0

2007/9/22

週刊タニワキ(9月18日)  週刊タニワキ

 世間では2週続きの三連休。。。。。ご縁がない。
 18日(火)、モバイルビジネス研究会の最終回。大臣、副大臣にご出席いただいて、大臣からご挨拶をいただく。会合の後も取材多数。夕刻、競争評価アドバイザリーボード。戦略評価としてプラットフォーム市場と事業者間取引市場を取り上げる。今年は政策展開と競争評価もあれこれ有機的に連携させて行きたいもの。
 19日(水)、ネットワークの中立性に関する懇談会の最終回。昨日のモバイル研とは打って変わって静かな雰囲気で終了。
 20日(木)、午前はスウェーデンとの政策対話。競争政策の話を30分する。それにしても、スウェーデンの国旗を見るとIKEAの家具を思い出してしまう。昔、パリに住んでいる時によくIKEAの家具を買って悪戦苦闘したもんだ(IKEAが悪いのではなく、不器用な私が悪い筈。多分)。午後の事業部会に出る時間もなく、あちこちを運動会のように走り回る。そうこうしているうちに、昨日の中立性懇談会の報告書を受け、帯域制御ガイドラインの検討のための協議会が立ちあがる。また、NGNの接続ルールについても意見募集を開始。遠からず接続ルールの検討に入らねば。。。
 21日(金)、朝は勉強会で講演。8時半くらいにスタートの講演会というのは結構中途半端。というのも、これは個人的な事情で、なぜか5時過ぎには毎日起床しているので、朝食会の開始があまり遅いと、私のお腹がグルルルルと鳴り出す。というわけで、朝の勉強会に向けて、それでも朝ゴハンをしっかり食べている。その後、大臣からモバイルビジネス活性化プランについて発言いただき、詳細は私からブリーフィング。MVNO支援相談センターを課内に設置する。携帯各社の皆様に新料金についての検討依頼の文書を事務的にお渡しした。午後、紛争処理委員会に裁定案を諮問。携帯のエンドエンド料金と帯域課金に関するもの。
 22日(土)、久しぶりに新宿の本屋へ。拙著「インターネットは誰のものか」も置かれている。うんうん、よしよし。というわけで、この本屋でIT関連の本を何冊か購入。
後は出張の際の講演原稿のチェック、、、と行きたいが、なかなかそうもいかず。あぁ、運動会×サーカス×秋祭りのような「モバイルな」一週間でした。
 23日(日)、拙著「インターネットは誰のものか」が日経新聞書評欄で取り上げられているのを発見!

追記 最近、職場で怪しい言葉が飛び交っている。「ブロバン」、「デジデバ」、「モバプラ」などという言葉。メールで「デジデバ関連資料」などというものが届き、「ブロバン関連資料です」なんて書いてある。どうやら「ブロードバンド」、「デジタルディバイド」、「モバイルビジネス活性化プラン」の略らしいのだが、なんとなく、「プロパン」とか「ゼニゲバ」(わっ古い!)とか「ソニプラ」を思い出してしまう。
 話は違うが、MIXIのサインインの画面(野原の上で女性がいる場面)で、急に「ファンタスティック4」のキャラが登場してCMに画面転換する。すごく違和感を感じるのは私だけだろうか?
0

2007/9/18

週刊タニワキ(9月10日)  週刊タニワキ

 10日(月)、国会始まる。今週はモバイル研とネット中立性懇の報告書の仕上げでバタバタ。合間を縫って取材とか打ち合わせ。週全体を通じてほぼ運動会状態。
 11日(火)、準備を進めてきたデジタルディバイド解消戦略会議を大臣から発表していただく。その後ブリーフィング。夕刻、パリの友人Sさん来訪。問題意識が似ていて、毎回気持ちの良い議論をさせていただく。夜、部のメンバーの歓送迎会。実はこの日は私の誕生日。9.11ということで、米国に住んでいた際も、何か人には言いにくい雰囲気があった。とある日、旅行していてアリゾナでレンタカーを借りようとしたら、ラティーノの従業員のお兄さんが、「え?あんたも9.11かい?俺もなんだよ。何かやりにくいよなぁ」と笑いながら話しかけてこられたのを思い出した。アメリカに赴任した02年6月。テロから1年も経っていない。ペンタゴンはまだ焼け焦げたままだった。1年後には修繕終了。誰が指示したわけでもなく、1年以内に修繕を終わらせるんだという機運が盛り上がって実現したと聞いた。また、ニューヨークの現場を見たのは02年の夏だったろうか。まだ焼け焦げた臭いがしていたのを思い出す。当時は多くの車(特にフォードやシボレーのピックアップトラック系)が星条旗を立てて走っていた。
 12日(水)、午前は情通審接続委員会。接続料算定方法についての議論。ようやくこここまで来たか。やれやれと一息ついていたら、安部総理辞任。「えぇぇぇぇぇ!」となって情報収集に走る。仕事にならない。。。
 13日(木)、この日もバタバタ。午後、公明党の部会。来週には海外出張も予定されているので、その準備をしなければならないのだが、なかなか時間がない。取材と打ち合わせで1日が終わる。夜、日比谷松本楼で課の送別会。立食で送別会とはなかなかオシャレじゃなぁい?
 14日(金)、打ち合わせやら大臣説明などであっという間に1日が終わる。うーん、出張の資料ができないよう。何せ30分の講演なので原稿をしっかり作らないとね。というわけで、恵みの3連休に突入。3連休を潰してなんとかプレゼン資料と講演原稿を書き上げる。ついでに来週締め切りの原稿も1本書いてしまう。本当は広島カープの試合を見に行きたかったけどグッと我慢(あぁ、カープはまた連敗街道に。私が行って気合を入れる必要があるのだが。)

追記 16日(日)に銀座のマロニエゲートに出来たポール・ボキューズに行ってみた。新しくできたビルでハンズなどが入っていて、入場するだけでも大変大変。お店はもちろんフレンチだが、結構コストパフォーマンスが良くて、しかもおいしい。個人的にはとっても好きな味。店をグルっと見回すと、なんとお客さんの9割はやや年配のご婦人方。旦那はどうした?仕事か?ゴルフか?ごろ寝か?
 同日夜、NHKの番組でモバイルビジネス研が取り上げられる。私もビデオでサラっと登場。家族が見て、「しゃべるのが早くて何言っているのかよくわからん」、「微笑み方が偽善的である」、「下から見上げて撮っているので禿げが見えないのはせめてもの救いである」などの意見が寄せられ、ひどく落ち込んだ。
 
0

2007/9/10

週刊タニワキ(9月3日)  週刊タニワキ

 大分暑さも和らいできた、、、、はずだが、相変わらず暑い。今週も研究会の報告書の仕上げと来月以降に始まるプロジェクトの準備でバタバタ状態が続いた。4日(火)、韓国のメディアの取材。日本と同じような議論をしていて、ちょっと話をすると、「あぁ、あれ、日本でも議論してんのね」という感じで分かり合えるのが面白かった。5日(水)、午後は眼の再検査。異常なしということで安心。老眼鏡の処方箋を書いてもらう。とほほ。夜、Fさんをしのぶ会。
 6日(木)、朝から怒涛の打ち合わせ攻撃。ところが、午前中は仕事にならない。なぜ?そう、新しいiPodが出たからじゃないですか。少女が新しいバービー人形を欲しがるように、少年が新しいポケモンを欲しがるように、親父は新しいiPodを欲しがるのであります。それにしても、どうだ、今回のラインナップ。iPod touchも新iPod nanoも捨てがたいぞ。あぁ、全部頂戴といいたいところ。この興奮を伝えようと同僚に水を向けたところ、
ワタシ「おいおい、新しいiPodでたなぁ(そうですよね!の声を期待しつつ)」
その人「あぁ、出たみたいですね」(と、冷ややかな笑みを浮かべつつ)
ワタシ「いやーどれにしようか迷うなぁ」(そりゃボクもですよ!の声を期待しつつ)
その人「え?タニワキさん、また買うんですか?もうたくさんもってるじゃないですか?ホント、ガジェット好きですねぇ」(と、わりと冷静に)
ワタシ「あっ、まぁ、そうねぇ。あっ、お仕事、お邪魔しました」
という感じであった。でもね、午後にはガジェット仲間から「ボクはもうiPod touch注文したもんね」というメールが入り、またギアが入ってしまった。あぁ、どうしよう。同日、情通審ユニバーサルサービス委員会。
 7日(金)、地方の局長さんたちの集まる会議。午後もバタバタ。結局、たまった仕事は土曜まで持ち越し。。。

追記 台風一過の土曜夕方、とてもきれいな新宿の空を撮ってみた。
クリックすると元のサイズで表示します
 日曜には中野サンプラザで吉本新喜劇を見る。いやぁ、面白かったぁ。帰りに中野の炉端焼き。いやぁ、うまかった。
0



AutoPage最新お知らせ