谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/2/2

週刊タニワキ(2月2日)  週刊タニワキ

 28日(月)、週の初めということで会議、打ち合わせ多数。29日(火)、違法有害情報検討会。フィルタリングサービスを巡る議論。とても大事な検討課題。30日(水)、朝はモバイル関係の勉強会。午後、競争評価アドバイザリーボード。週末にバタバタした中間とりまとめのレポートを提出。来週の会議資料と報道発表モノの準備などに追われる。
 31日(木)、来客多数。外国(とても背が高い!)からのお客様も。英語で話していたら同時通訳の方の日本語が耳に入ってきて頭の中が混乱して困る。頭の中では日本語→英語→日本語が駆け回る感じ。夜、新宿の台湾料理と大音量のロックバー。すごい。Tレックスで激しく踊っている人達。ここは70年代初頭か?
 1日(金)、外国からのお客様、打ち合わせや説明案件多数。走り回る。夕方にはハァハァしてしまった。でも痩せない。

追記 

1 フランス映画”Saint-Jaque – La Mecque (邦題「サンジャックへの道」)”を観る。シナリオはペーソスの効いた、しかし心温まる良質の映画。撮影も美しい。なぜスペインの巡礼地の名前の後にメッカというサブタイトルが付いているからは観てのお楽しみ。損のない一品。

2 大宮の鉄道博物館へ。電車の実物が多数展示されていて迫力あった。それにしても凄い人出。スイカのペンギンの折畳み傘をゲット。うれぴー。
クリックすると元のサイズで表示します

3 朝日、日経、読売の共同サイト「あらたにす」(この名前、何度見ても覚えられない)がアップされた。「7時頃アップする」と告知されていて、実際に閲覧できたのは7時半前。「微妙!」というのが第一印象。各紙の記事を縦方向に比較しながら展開していくというのは斬新だが、これってRSSで出来るよねとも思う。我々のような職業の人間にはありがたいが、一般の読者の利用シーンを想定するのが難しい。でも書評の欄はかなり便利な感じもある。今後の展開次第によっては面白いかも。
0



AutoPage最新お知らせ