谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/2/17

週刊タニワキ(2月17日)  週刊タニワキ

 12日(火)、週初めということもあり打ち合わせ多数。先週のブログを見ていただいた方から「あの丼、うらやましいなぁ」とか「小樽、行ったすよ、私も」などとレスをいただく。13日(水)、欧州の大学院の皆さん20数名来訪、日本のブロードバンド政策について説明。午後、打ち合わせ数件。夜、policeのコンサート。Stingの声の張りがすごい。1時間50分、まったく休憩なく、しかもヒット曲の連続。演奏の水準も高く、大満足。14日(木)、バレンタインデー。だからどうしたという感じで、30分刻みで打ち合わせ。何があるというわけではないが忙しい。夜、インターネット関連の会合。IPv6移行は簡単じゃないと実感。深く勉強。15日(金)、断続的に続けてきた研究会関係の資料を作りつつ、午後は四国へ出張。ブロードバンドの講演。一般の皆さんにわかりやすい言葉でブロードバンドの説明をするのは本当に難しい。でも携帯の話はどこでしても相当反応がある。それだけ皆さん、身近なモノだということだと実感。
 16日(土)、講演先から帰京。研究会の資料作成。夜、Burt Bacharachのコンサート。80歳だがカクシャクとしている。音楽史に残る作曲家だと思うが、まさか生で見れるとは思わなかった。しかもオーケストラ付。感動した。私の場合、彼の曲にはCarpentersから入った。柄にもなく甘酸っぱい気分になった。17日(日)、引き続き研究会の資料作成。初めて銀座でMac Airに触る。

追記

1 New York Timesのポッドキャストを聞いていたら、米国のfacebookがEaglesの名曲”Hotel California”と呼ばれているとか。ん?なんでもFacebookから脱会してソフトを削除しようとしてもなかなか削除できないとかで、かの名曲の名フレーズ”You can check in anytime you like, but you can’t leave”の状態だとか。ははは。

2 福井県小浜市が米国大統領選民主党候補のオバマ氏と同じ名前だということで米国メディアの注目を集めていて、”WE LOVE OBAMA”のTシャツを作ったとか。なかなか。今週は私の住んでいたメリーランドでも予備選があったようで、オバマの勝ち。メリーランドのほか、バージニアとDCでも予備選があり、この三州まとめて「ポトマック・プライマリー」と呼ぶ。ポトマック川に沿った三州ということで。流れがオバマに来ているような気がする。

3 いただきもののバウムクーヘンを持って帰った。息子が「あっ、バウムクーヘン!」とつぶやく。視線をそらしていたヨメが素っ頓狂に「そんなぁ」と叫ぶ。自分の腹を見ていた。自分の腹のことをバウムクーヘンと言われたと思ったようで。へへ。

瀬戸大橋から見た瀬戸内海の夕日
クリックすると元のサイズで表示します
0



AutoPage最新お知らせ