谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/4/20

週刊タニワキ(4月20日)  週刊タニワキ

 14日(月)、週初めの定例会議の後、いろんな案件をあちこちに説明。午後、打ち合わせ2件。15日(火)、朝7時から院内にて国会答弁の大臣レク。いつも遅れそうになるので、牛丼食って急いでいったら一番乗り。午前、外国IT企業と意見交換。いきなりレイヤー図を出してくるのでびっくり。日本とおんなじ。こっちは01年から使ってるけど。午後、打ち合わせ数件。自民党部会へ。フィルタリングの関係。そのあと、2.5GHz帯の事業者の登録条件関連の制度整備の報道発表。夜、友人と渋谷界隈で音楽談義。IT系企業の皆さんはディープな音楽好きが多い。最近ありがちな儀式として、お互いのiPod touchを交換して、「ほぅ、渋いの聞いてますねー」などと言いながら酒を飲む。
 16日(水)、朝8時から融合関係の打ち合わせ。打ち合わせ数件の後、六本木でランチミーティング。急いで職場に戻って説明数件。17日(木)、日程的にまとまった時間が今週初めて取れたので、たまっている文書を読んだり、修正したり。フェムトセル取扱方針の最終版を公表。
 18日(金)、朝8時からPF研関連で知人来訪。あれこれ教えてもらう。その後、新幹線にて四国へ。1時間程度、ブロードバンド政策の講演。香川のCATVの方と雑談していて、「映画”UDON”で観光客増えました?」と聞いたら、「そうですねぇ、2倍から3倍ですかね、有名なお店はお休みの日など1時間待ちですなぁ」と困ったような嬉しそうな顔をされていた。19日(土)、岡山から倉敷の大原美術館と美観地区に立ち寄る。倉敷は観光スポットは歩いて回れるくらいの広さだった。大原美術館に「小さい声でお話ください」の看板多数。なぜ?と思ったが、確かに大きな声でしゃべっている人が多い。観光ツアーに組み入れられているからだろうか。
 20日(日)、久しぶりに水泳。老眼鏡を受け取り。本の最終校正。ロアルド・ダールの短編集(邦題「王女マメーリア」)を読み終える。昔、TVシリーズで「予期せぬ出来事」をよく見ていたが、毎回、冒頭で暖炉脇でダールが出てきて口上を述べるシーンがあったのを思い出す。毒のある短編でとても面白かった。お勧めです。

倉敷の美観地区というのはキレイに整備されておりました。
クリックすると元のサイズで表示します

この蔵が整備第1号だそうで、今は民俗資料館。
クリックすると元のサイズで表示します

追記 息子が電子辞書が欲しいというので家電量販店へ。7年前にワタシも購入したが、それにしても、この7年の間の機能追加はどうだ。手書入力できるわ、英単語しゃべるわ、冠婚葬祭マナー集やら手紙の文例集、ワンセグ、簡単なテスト問題までついているわ。いらんだろう、こんなに。でも簡単なのはほとんどない。びっくり。お店を出る際にちょっと最新の携帯に触っていたら、お姉さんに背後から「今なら1円ですよ!」と元気よく声をかけられた。
0



AutoPage最新お知らせ