谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/11/9

週刊タニワキ(香港出張)  週刊タニワキ

 2日(日)、朝10時40分のフライトで香港へ。約5時間半。暑い。29度もある。香港島にあるホテルへ向かう。香港は初めて来たが、それにしてもこの高層ビル群はすごい。岩盤が固く、あまり地震もないとの事だが、日本だったらもっとドッシリとした基礎の上に建てるだろうに、細長くってかつ40階以上のビルがニョキニョキ。
 ホテルに荷物を置いて香港公園を抜け、待ち時間30分のトラムでビクトリアピークへ。日本の観光地のような雰囲気。ややモヤっていたが高層ビル群を見ることができた。公園には日曜日ということもあり、フィリピンなどから出稼ぎで来ている女性達が踊りを踊ったり、髪を切ったり、思い思いの休日をみんなで過ごしていた。
 ピアフェリーでクーロン側にわたる。こちらから見る夜景はたしかに素晴らしい。モヤッているので光が空で幻想的な感じに。
クリックすると元のサイズで表示します
  その後、携帯ショップが数十店集まっているビルへ。日本のケータイがそのまま売られている。また「iPhoneのSIMロック、5分で外します」の看板。どの店でもiPhoneが全面に出されている。端末の値段自体は最近の日本の値段とほぼ同じだが、中国製の怪しい端末も含め、とにかく値段のレンジが広い。ASUSがスマートフォンを作っているのは知らなかった。ケータイの外側だけも売っていて、どうも組み合わせて自由にケータイをアレンジします、というようなものもあるようで。 知的所有権は無視されている。
クリックすると元のサイズで表示します
 携帯ショップのビルの前が有名な女人街と呼ばれるエリア。雑貨小物はたくさん売られている。おねーさんが「ニセモノ、アルヨー」と叫んでいる。そこまで堂々と売るわけ?
クリックすると元のサイズで表示します
 ホテル近くのレストランで上海蟹を食べる。うまい。ミソが濃厚で、ガーリックパンに塗って食べるとうまい。数十組の香港人や観光客が黙々と蟹を食っているのは壮観。
クリックすると元のサイズで表示します
 ホテルに帰って無線LANにつなごうとしたら有料。フロントでプリペイドカードを買う。1時間で20香港ドル(約300円)。ちょっと高いかな?でも快適インターネット環境。

 3日(月)、ホテル内で朝食。午前9時からIICのコンファレンス。会場はビルの56階。見晴らし良好。
クリックすると元のサイズで表示します
 午前中に聞いたmEgoのプレゼンが面白かった。複数のSNSで個別にプロフィールを書くのは面倒なので一つにまとめて、それがすべてのSNSに反映されるというシステム。まだ米国でも始まったばかりのようでモバイルのオープン化と標準化の必要性を訴えていた。
 他のプレゼンではやはり金融危機がICT産業に与える影響を語る人々も。値下げも大事だけど、まずはこの危機を乗り切るためには投資のリターンを増やす努力、事業のreshapingを行う必要がある、ネットワークの効率化も必要、放送を電波で流すのは非効率ではないかといった話。これってネグロポンテ・スイッチという理屈ですね。帯域の広い有線を放送に使い、通信には電波を使う方が効率的という理屈。
 午後はモバイルのセッションにパネリストとして参加。時間が短かったので十分趣旨が伝わらなかったかもしれないが、モバイルの垂直統合と水平分業、オープン性の話をした。その後の議論が垂直統合でないと設備投資インセンティブが働かないのではないかといった話に流れたので、議論の流れは作れたかもしれない。
 知り合いが思った以上に多い。DCで知り合った元フランステレコムの友人、アイルランド政府の知人、OECDのサム、DC時代の石井さん、その他多数。午後の最後のセッションは規制の在り方。OFCOMの人が優秀な人材を集めるために待遇を民間並みによくしている、OFCOMで大学卒が数年間勤めることがキャリアとして認められてきているというような話をしていたのが印象的。弁護士の卵をこうやって数十人集めているのだとか。夜、香港在勤の関係の皆さんと意見交換。有益であった。

 4日(月)、引き続きIICのカンファレンス。午前はコンテンツのマルチプラットフォーム配信の話題。面白かったのは豪州のローカル放送局。ネットでローカル著名人のブログを掲載するなどローカル情報のマッシュアップを図ると反応が大きいという話。彼のいうに、放送のマスの機能は終わり始めていて、視聴者との情報のマッシュアップを図る場合、共通の属性の情報のマッシュアップをどこに求めるかという点に腐心し、複数の共通の属性のサイトを立ち上げると反応率が高くなるということ。マスとマイクロの連携で相乗効果を高められるという実験。
 昨日に続き、本日はネット中立性のセッションでパネルに参加。日本の取り組みを具体的なデータで紹介。ケータイのネット中立性や垂直統合性との関係などをコメント。うなづいてくれる人が多い。コメントも好意的なものが多く、グローバルにみて政策の方向性は間違っていないと確信。
 セッション終了後、そのまま空港へ。機内で「僕の彼女はサイボーグ」見る。ま、よろしいんじゃないんでしょうか。深夜、空港から帰宅。

0

2008/11/1

週刊タニワキ(11月1日)  週刊タニワキ

 27日(月)、経済セミナー11月号が届く。「ケータイ電話の経済学」の特集。拙稿「進化する携帯電話と通信政策」掲載。朝は定例の会議。午前中は資料整理。午後は国際競争力関係の資料作成。来客2件。夕刻、放送関係のパーティーに顔を出す。戻って大学院生達と意見交換1時間。拙著を片手に真剣に話を聞いてもらった。

 28日(火)、午前中はコンテンツ配信効果測定の打ち合せ。昼、政策ブレスト。午後、来客2件の後、赤坂にてプラットフォーム関連の打ち合せ。一度オフィスに戻ったあと赤坂にて食事。

 29日(水)、朝は定例の会合。その後、ビジョン懇の打ち合わせ。予算の打ち合せ。午後、虎ノ門パストラルで1時間講演。その足で勝どき橋方面にて打ち合せ。戻って明日のビジョン懇談会の準備と週末の香港出張の準備など。

 30日(木)、午前は大手町で打ち合せ。午後、ICTビジョン懇談会の第1回会合。大臣にもご出席いただく。とても有益、というか今までにない感じの会合。どの方も講演会やると多くの聴衆を集められる皆さんなので。終わって懇談会の先生とICT戦略の打ち合せ。夜、赤坂でモバイルコンテンツ関連の打ち合せ。その後、別の会合でもつ鍋。久しぶりに深夜まで。

 31日(金)、午前中に来客1件。あとは珍しいことに、きょうは来客も会議もない!香港出張の準備、来週以降の段取りなど。

 1日(土)、いよいよ今年もあと2か月。あっという間に、ではなく、今年は長く感じる。いつものように日吉でKMDの講義。本日はゲストスピーカーFさんにお願いした。携帯事業モデルの見方、イノベーションの概念など、実体験に基づくとっても良い講義で質問も活発に出た。講義終了後、近所のスタバでFさんと四方山話。ウチに帰ってiMacのバックアップの作業(タイムマシン)。最初ポータブルHDをUSBハブにつないだらうまく行かない。うーん、と思ってあれこれHPを調べるも、わからない。もしかして、と思って、iMac本体につないだらあっさり動き出した。変なの。午後いっぱいかけてiMacでLee RitenourとCeltic Womanを聞きながら原稿1本、大体出来た。あと数時間かければ完成できる。ホッとする。きょうは風が強く、スモッグが吹き飛ばされて夕焼けがキレイだった。さて、明日から香港出張。

追記 未だに昔住んでいたメリーランドの自治会のメールが送られてくるので懐かしく見ている。最近、こんなのが舞い込んできた。

GOT EXTRA HALLOWEEN CANDY OR JUST WANT IT OUT OF YOUR HOUSE? No problem -- it can be put to good use!! MoverMoms, a moms' community service group, is once again collecting all kinds of wrapped candy to send to our troops in Iraq and Afghanistan. The candy will be sent to a group in West Virginia that packs it in over 11,000 Christmas stockings to be given out to soldiers of all faiths in all branches of the military in time for the holidays. The goodies are very much appreciated by soldiers who miss their families and friends and value small connections to their home life and also value reminders that total strangers are thinking of them.

ハロウィンで残ったキャンディを集めてイラクとアフガニスタンの部隊に送ろうというもの。アメリカは今も戦争をしている国だと実感させられる。

0



AutoPage最新お知らせ