谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2009/2/23

週刊タニワキ(2月23日)  週刊タニワキ

 16日(月)、朝少し早く出勤して来週発表予定の資料の修正。週初めの定例の会議。昼、赤坂にてICTによる経済成長について打ち合せ。
 午後1時から国際競争力懇談会の分科会。前の打ち合せがずれ込んだので遅れて出席。続いて、融合法制関連の打ち合せ。というわけで午後は会議のみ。夜、麻布にて打ち合せ。

 17日(火)、午前中は認証基盤連携プロジェクトの打ち合せ、来週公表予定の資料の修正など。午後、IT戦略本部専門調査会。その後、経済対策、融合法制、国際競争力関連など打ち合せ数件。
 夜、銀座の外れで会食、その後、広尾のパーティーに出席。知人多数。皆さんの元気をいただく。こういうネットワーキングの会合が本当に有益。若い人たちにも参加させないと。。。

 18日(水)、朝8時から神谷町で勉強会。本日のお題は「環境」。CO2排出量削減の為の排出取引権の話は、理屈として合理性に欠けると感じた。外部不経済性のあるもの(CO2)の排出にディスインセンティブを与えるべきは税。環境税が困難なので、それで排出取引権に流れているのはわかるが。
 永田町で明日の勉強会の打ち合せ。そのまま、昼、党本部のe-Japan特命委員会。久しぶりにカレーを食う。クラウドの話がメインテーマ。その後、放送批評懇談会のイベントで経済産業省の村上課長と「対論」。かなりの聴衆の皆さんがいらっしゃった。コンテンツ市場の将来像がテーマ。お互い、論点が関連しつつ違う視点が提供できたのではないだろうか。戻って、来客1件。夜の10時過ぎまで資料修正など。

 19日(木)、朝は民主党の調査会でICTと経済成長についてご説明。その足で大手町に赴き、経済対策について打ち合せ。午後、来客1件。来週発表の案件について、幹部への説明数件。さらに来客2件。夜、東京駅近くで食事。

 20日(金)、午前中は幹部レクなど。午後は打ち合せ1件、大手町でモバイル関連の講演。前の打ち合せが長引いて、会場行きが遅れる。タクシーで急いだものの、皇居の前でどこかの国の大使の認証式らしく、馬車の一群が通っていて信号は赤のまま。焦った。タクシーの運転手さん(かなり高齢)が目的地の地図を見ながら車を運転するので焦る。「あっ、赤みたいですよ」なんて注意喚起する。戻って、打ち合せ3件。終わって淡路町で食事。

 21日(土)、朝一番の回で”Changeling”を見る。この言葉知らなかったので辞書を引くと、おとぎ話などで可愛い子供と取り替えられた醜い子、という意味だとか。成る程。映画は2時間を越える大作。アカデミー賞候補になるはずで、Benjamin Buttonとどっちが優れているかというと難しいが、ちょっと上行っているのではないだろうか。午後、職場で机の上に山になっている書類の整理。来客1件。夕方、職場があまりにも寒いので帰宅。

 22日(日)、良い天気なので40分ほどジョギング。三鷹にて用事を済ませ、温泉「湯らく」につかって帰宅。

0

2009/2/21


 定期的にコラムを寄稿しておりますJBPに「情報大爆発の時代:深刻化するネット混雑」が掲載されました。ぜひご覧になってください。
0

2009/2/16

週刊タニワキ(2月16日)  週刊タニワキ

 9日(月)、朝は定例の会議2件。午前は近々発表予定の資料の直し。来客1件。午後、今後の取り運びの打ち合せ。良いアイディア出る。融合法制の打ち合せ2時間。その間に抜け出して官房説明1件。空いた時間に金曜のビジョン懇SWGの資料を修正。午後6時からユビキタスネット社会推進協議会の設立総会。NRI村上さんのプレゼンがとっても良かった。これまでユビキタス関連の実証実験が500件も行われていたとは。

 10日(火)、午前は金曜のSWGの資料の修正。永田町に説明1件。午後、晴海にてご説明1件。来客1件、新聞メディアの将来像について議論。新聞はプロとアマが混じり合ったSNSの発展系みたいになるのではないだろうか。国際競争力関連の資料を読み込む。夜、赤坂で打ち合せ。
 米国ではデジタル放送への完全移行が6月12日まで約4か月延期されることになったが、オバマ政権は公約どおり、この法案についても署名前5日間のパブリックコメントを求めた。すべての法案について、このような取り組みをしている。どのように意見を活かすのかが興味深い。そこを明らかにしてこそ、初めて開かれた政府と言えると思う。

 11日(水)、祝日。散髪。買い物。昼、スパゲッティ作る。夕方までJBPの原稿を書く。慣れないエクセルのグラフ作りでもたつく。映画”A Farewell to Arms”(武器よさらば, 1932年)を見る。

 12日(木)、朝、国際展開のプロジェクトの打ち合せ、医療情報化関係の打ち合せと続く。午後、ビジョン懇談会関連の資料修正。融合法制関連の打ち合せ。夜、認証基盤関連の勉強会。こういう時期こそ、小異を捨てて大同につくプロジェクトを推進すべき。それが次の段階の日本の競争力につながるはずだが。。。途中で抜け出して別の会合。在米経験が長く、エンジニアのバックグラウンドを持っている方のお話は若々しく、とっても有益であった。

 13日(金)、朝は定例の会議。モバイル関連で来客1件。10時からビジョン懇新産業創出SWGの会合。午後、赤坂でご説明1件。戻って、ビジョン懇関連の資料修正、融合法制打ち合せ、国際競争力関連の打ち合せ。なぜかメディアの皆さんからの電話が多い一日。
 オバマ大統領のタウンミーティングで、アフリカ系のおばあちゃんが大統領に「家を失い、車で暮らしています。どうか助けてください。」と切々と訴えた。2日後、このおばあちゃんに、無料で借家が供給されたんだと。

 14日(土)、暑い。午前中は自宅でメールの処理や面白いサイトの検索、iPod touchのアプリ探し。午後、西荻窪で用事。梅の匂い(下の写真)。夕方、高田馬場の焼肉屋。
クリックすると元のサイズで表示します

 15日(日)、吉祥寺で用事。午後、三鷹のジブリ美術館(下の写真)。なかなか良かった。武蔵境で用事。
クリックすると元のサイズで表示します

追記 iPod touchのソフトに青空文庫(400円)があったので購入した。勝海舟やら夏目漱石などの本を読める。フォントも自由に変えられる。これはとっても便利だ。

0

2009/2/9

週刊タニワキ(2月9日)  週刊タニワキ

 2日(月)、事務室内のレイアウトが変更になったので、朝一番で荷物を段ボールから出して整理。10時から定例の会議。午後使う資料の修正。午後も引き続き作業を続ける。夕刻、幹部説明。来客2件。引き続き、4日提出の資料作成に入る。夜までひたすら作業。

 3日(火)、朝から引き続き作業。昼にかけて来客4件。午後も幹部説明数件。ひたすら作業を夜中まで。先週末のスーパーボウル。毎年。流れるCMが話題となる。古くはアップルのCMが有名だ。今年はとうとう眼鏡をかけて3Dで見るCMが登場。Budの1秒CMも面白い。ただ、全般的に今年は水準やや低い感じ。

 4日(水)、朝から引き続き作業。官房への説明数件。夕刻、外で経済対策関連の会議。戻って資料作成。夜はLed Zeppelin好きの知人と居酒屋にて。オバマ政権の商務長官は共和党に。人事関係のゴタゴタが続いている。

 5日(木)、昨日の会議は一つの山場だったが、午前中は今後の段取りについて検討。午後、ここ1週間のバタバタの中で溜まったメールの処理だけで2時間近く。打ち合せ2件。幹部説明1件。1時間席を明けていると。ドバーッとメールが蓄積されている状態。結局、夜中まで地味に作業。国際競争力関連の打ち合せ。こちらも次回会議に向けて少し整理しないと。

 6日(金)、朝は定例の会議。午前はIT戦略本部専門調査会の第1回。午後、来客が何件か。来られたお客さんが「タニワキさん、いっつも居ませんね」と言われる。そうか、そういえばあんまり席に座っていないかなぁ。来週必要な資料の検討にほとんど着手できず。融合法制関連の資料をチェック。ここのところ、ほとんど休んでいないこともあり、腰が痛い。週末、温泉に行かないと。夜、東京国際フォーラムにてJeff Beckをみる。あの音色、すごい。ほとんどノンストップで2時間。ベース(女性)とドラムがとっても良かった。大満足。

 7日(土)、職場で夜までかかって来週の会議の資料などを作成。はかどる。腰が痛い。とほほ。

 8日(日)、午前中は新宿ピカデリーで”The Peculiar Life of Benjamin Button”を見る。アカデミー賞候補になるだけあって、完成度がとっても高い。昔、”Forest Gump” を見たときと同じような爽快な感じともの哀しさと。2つの時間の流れ方を対比させながら、人生とか永遠について考えさせる。さりげなく20世紀のアメリカの流れも見せてくれる。良い作品。午後、吉祥寺の鯛塩ラーメンを食べた後、その界隈を歩き回る。夕方、自宅近くの銭湯。

追記 NBCニュースでオバマ大統領の娘の学校が雪で休講になったというのをやっていた。オバマ大統領のコメントは「シカゴでがこれくらいの雪で学校がないというのはあり得ない」と言って、笑いを誘っていた。そのとおり。DCやその周辺ではすぐに雪で学校が休みになる。雪に弱い。でもキャスターはその後、「大統領の娘の通っている私立校は休みでしたが、公立校は2時間遅れでオープンしてました」とコメント。

0

2009/2/2

週刊タニワキ(2月2日)  週刊タニワキ

 26日(月)、定例会議が始まる前に明日の会議資料を修正。定例会議1時間。午後、景気対策の検討テンポが早まっている関係で、今後の段取りなどについてアチコチ相談。その後、大手町にて打ち合せ。戻って、プロジェクトの柱立てなどについて打ち合せ。夜、虎ノ門から程近い韓国料理のお店。

 27日(火)、朝8時から自民党の国際競争力調査会。10時からICTビジョン懇談会の第2回。実に活発な議論。知恵熱が出そう。午後、来客5件。プロジェクトの整理。久しぶりに夜まで職場で仕事。

 28日(水)、朝9時から会議。午前は来客数件。何か本日はメールが多くて、返信数十件していたら指が痛くなる。午後も来客数件。プロジェクトの柱立ての修正作業を続ける。金曜のSGWの準備。融合法制関連の打ち合せ。夜まで。

 29日(木)、午前はプロジェクトの打ち合せ1時間半。資料の修正。午後、来客1件。明日のSWGの資料のチェック。融合法制の関連で説明に赴く。その後、内閣府で打ち合せ。戻って、資料の修正。夜、渋谷にて業界プログレ新年会。全員、手にiPhoneかiPodTouchをもって「持ちネタ」(最近発掘したアーティスト)を披露。怪しいおじさんの集団。久しぶりにネタを仕入れる。

 30日(金)、朝9時来客。9時半から定例の会議。10時から融合法制の検討会。昼、プロジェクトの資料作成に追われる。午後、官房説明。午後2時から新産業創出SWG。2時間半。良いアイデアが出た。夜にかけて資料作成、打ち合せ。非常に忙しくなってきている。課内のレイアウト変更を週末にやる関係で、荷物を段ボールに詰める。

 31日(土)、早いものでもう1月も終わり。朝から職場でプロジェクトの資料作成。スタッフが明け方まで作成してくれた資料を修正したり。昼、東京駅近くでカミサンの誕生日を祝って家族でイタ飯。デパート内なので意外と安い。食事もワインも美味しかった。職場に戻って、夜中まで引き続きプロジェクトの資料作成。

 1日(日)、朝から引き続きプロジェクトの資料の修正作業を続ける。昼過ぎに終わる。三村忠歴・倉又俊夫著「デジタルネイティブ:次代を帰る若者たちの肖像」(NHK出版生活人新書)を読む。読みやすい。内容的にはさらっと読める。デジタルネイティブの持っているプラス(希望)の面をうまく描いている。オンデマンドで番組観ようと思ったが、どこにあるかわからず。YouTubeで本に出てくる人たちのインタビューを見る。
 iTuneでまたまた掘り出し物!Michel Polnareffは90年初頭でダメになったのかと思っていたら、2年前に数十年ぶりのツアーをやっていたらしい。そのライブ版と長年探していて見つからなかった英語で歌っているアルバムをiTuneで発見、拍子抜けしてすぐにダウンロード。楽曲の購入までにしたこと。Wikipediaで最近の動きを確認、YouTubeで最近もパリなどで公演している動画を視聴、iTuneにて楽曲を探すと掘り出し物、そのままダウンロード購入。というわけで、すべて机の上で出来てしまった。

追記 米国経済もますますひどいことになってきている。米国郵便公社(USPS)もその一つ。ポッター総裁は週6日の郵便配達を週5日にさせてほしいと議会に要請。こうした中、景気低迷とは直接関係ないが、ピーナッツにサルモネラ菌が混入していた事件が発覚。史上最大の食品リコールに発展している。何せアメリカ人はピーナッツバターとか大好きだから、これは大変だろう。最大手のメーカーはPeanuts Corporation of Americaという。
 別件。グーグルの検索結果のすべてに短時間だが「あなたのコンピューターに害を与える危険があります」というメッセージが出たという。グーグルのお詫びメッセージが出ていたが、文章の前半から中盤にかけて「理由?簡単です、人為ミスでした」「我々はこんな努力をしました」というのがあって、一番最後の方に”apologies”という言葉が出てきた。お詫びという言葉が出てこないのかと思って、ちょっとドキドキした。

0



AutoPage最新お知らせ