谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2009/8/17

週刊タニワキ(8月17日)  週刊タニワキ

 10日(月)、定例の会議はなし。10時から法体系の検討委員会。パブコメ結果を踏まえた答申案の修正について審議、ご了承いただく。月内に政策部会、審議会総会で答申をいただく運びに。
 午後、予算関連の調整に入る。クラウド研の取り運びについての打ち合せ。予算関連の調整は結局夜までかかる。
 iTSでカナダのAORバンド”Maxus”(スタジオミュージシャンで構成)が唯一残した名盤を発見!25年前のアルバム。いそいそと購入。iTSは定期的にチェックしてないとドンドン楽曲が増える。Dream Theaterもいつの間にやら全アルバムが購入可能になっているし。台風が来ている。英国のバンドOrsenが数年前に出したアルバムをダウンロード。これも良い。

 11日(火)、早朝の地震で目が覚める。メールチェックなどをして8時前には職場に。時間が早いこともあり、電車はかなり空いている。朝は来客2件。午後、来客2件、電話などで夕方まで一行も文章を書く時間がなかった。先日の講演会でお話させていただいたKさんからメール。プログレ同好の士であることが判明。

 12日(水)、ニュースでは下りのピークと言っているが、朝の電車はそれ程空いていない。休みが分散しているからだろうか。午前中は9月発表予定の資料を作成。午後、予算・税制関係の打ち合せ。取材1件。メールはさすがに少ない。夜、カミサンと中野で居酒屋に行く。

 13日(木)、予定がないので夏休み。自宅の掃除をした後、朝から郵便局やら銀行を回り、住所変更とか口座の解約とか、普段できなかった手続きを済ませる。ユザワヤで秋以降の背広を作る。体重が20キロも減ったので、服も作り直し。一番気に入っている吉祥寺ラーメン「真風(コチ)」の鯛塩ラーメンを食べる。
 新宿の銀行を最後に、とりあえず用事も済んだので、大江戸線で豊島園に行き、温泉「庭の湯」でほうける。ここは緑が多くてよい。サウナにて老人二人の会話。
老人A「お宅はワシより10歳も若いからマダマダだな」
老人B「いやいや。ときに甲種合格ですか?」
老人A「そうですわな。ただ、すぐ終戦だったけどね」
老人B「なるほどねぇ」
終戦記念日間近。サッパリして、ビール飲んで本読んで、極楽。帰宅して、味噌炒めと野菜の煮込み、海の幸の塩焼きを作る。紹興酒。

 14日(金)、朝、中国からのお客さん。日本のブロードバンド政策について意見交換。9月発表予定の資料作成。午後、来客1件。クラウド研WGの資料作成。予算の打ち合せ。クラウド関連の資料読み込み。夜、中野にて知人と焼き鳥&焼酎。
 米国の医療制度改革は各地で議員が開催するタウンミーティングがとんでもない大騒ぎになっている。不思議と日本では報道されないが、「親の人工呼吸器を停止させる制度改革に反対しよう」などなど、ちょっと違うんじゃないかという盛り上がりをみせている。

 15日(土)、朝1時間半ラン&ウォーク。途中、哲学堂公園にてラジオ体操に加わる。自転車で阿佐ヶ谷のプール。中央線の真下の屋外プール。2時間で結構日焼けした。午後、ヨメサンの友人2名来訪。

 16日(日)、朝1時間半ラン&ウォーク。目黒シネマで「ニクソン/フロスト」と「ワルキューレ」をみる。どちらも事実らしいが、事実の凄さが勝っていて、映画そのものがどこまで凄いのかがわからない感じだった。自宅にて遠藤武文著「プリズン・トリック」読む。今年の江戸川乱歩賞受賞作。かなり面白くて一気に読んでしまった。「刑務所内での密室殺人」というコンセプトがなかなかよい。夜、海の幸のマリネとチャーハンを作る。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ