谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2009/11/24

週刊タニワキ(11月24日)  週刊タニワキ

 16日(月)、IT本部の取り扱いについて対処方針案を急いで作成。環境関連の動きなどとあわせて、幹部説明に走り回る。午前、地方自治体CIOの話を副大臣室で聞く。至極納得。午後も幹部説明。夕刻、晴海にて勉強会。そのまま直帰。スパゲティを作る。珍しく茹で加減最高。家族に強制的に「美味しい!」と言わせて喜ぶ。

 17日(火)、朝10時から局の会議。事業仕分けへの反論資料。クラウド研の資料修正。段々検討アジェンダが長くなってくる。2次補正策定の指示がおりてくる。正式に検討開始。午後、大手町の経団連。明日の自民党総務部会の準備。予算関連の打ち合せ。本府にてIT戦略本部の取扱いについて政務官レベルの打ち合せに同席。税制関連の資料整理。夜、神楽坂にて知人と会食。料理自慢で盛り上がる。

 アメリカではテロリストをNYCの裁判所で裁くということで大騒ぎになっている。グアンタナモ収容所も来年早々には閉鎖される予定だし、さらに議論が加熱しそうだ。グアンタナモ閉鎖後は国内2か所の刑務所に移管される。町の人たちは雇用が増えると喜ぶ声がある一方、町のランドマークがテロの標的になるのでは?と懸念する声も出ている。

 18日(水)、朝9時から定例の会議。10時から財務省で打ち合せ。戻って補正予算の打ち合せが断続的に続く。夕刻、幹部より呼び込みがあり、補正関連の協議。赤坂にて作戦会議1件。職場に戻って、深夜まで補正予算の検討を続ける。

 共和党副大統領候補だったサラ・ペイランの本が出て、アメリカでは評判になっている。しかし、ある調査によると、2012年の大統領選候補として適任が3割、不適任が6割以上とか。

 19日(木)、朝、院内にて国会答弁の幹部説明。戻って、クラウド研究会。構成員のプレゼンと検討アジェンダの説明。昼、補正予算関連の資料修正。午後、雨が降り出す。2011年放映の放送大学の打ち合せを虎ノ門にて。戻って、補正予算の幹部説明。幹部会議の結果を踏まえて、補正予算の見直し作業に入る。足したり引いたり、区分を変えたり。深夜まで。大学同窓の宴会に顔を出すことができなかった。深夜、ボジョレーヌーボーを飲む。まぁまぁ。

 20日(金)、朝9時半から地方局長の会議にちょっと出席。補正予算の資料修正の作業が続く。午後、幹部説明で駆け回る。夕刻、政務三役会議で補正予算の骨格が決まる。夜7時から経済対策検討チームに副大臣が出席。帰宅して、明日のKMDの講義資料と2011年スタートの放送大学の講義関連の事務処理。

 グーグルからクロームOSが登場。立ち上がりが7秒とか。クロームOSとブラウザーのクロームが有れば、後はPCには何も要らない。クラウド環境でどうぞ、という仕組み。ますまずパワーアップしている。

 21日(土)、電車の中でPC開いて講義資料の手直し。KMDにて第6回目の講義。本日のお題は「国際競争力」。内容的に90分持たないかと思っていたが、結果は15分オーバー。これまでで一番出席者が多かった。学生としばらく雑談。日吉から渋谷経由で吉祥寺。いつものように真風の鯛塩ラーメンを食べる。本当にここのラーメンはうまい。ユザワヤで2度目の寸法直しをしたズボンを受け取る。ユザワヤのセンス爆発、サンタクロースに驚き、写真を撮る。すごい。
クリックすると元のサイズで表示します

 総武線で帰ろうとして、ふと思いついて荻窪で降りて西口の湯ーとぴあ。温泉ではないけれど、露天もあり、サウナもあり、なかなか結構。ちょっとサウナの温度が低いけどね。久しぶりにゆっくり。ビール飲みながらタバコが吸えるのも良い(最近、禁煙のところが多くてね)。帰宅して、キムチ鍋を作る。ニラとニンニクもたっぷり。美味。

 22日(日)、韓国映画「チェイサー」を観る。凄い映画で脚本、カメラ、演技、すべて良い。韓国のコンテンツ製作の実力の高さを示す映画。続けて、米国映画「サイドウェイズ」。アカデミー賞候補にもなった作品で軽いタッチ。まずまず。

 23日(祝)、朝50分ジョギング。NHKハイビジョンではサラリーマンNEOを7時過ぎから夕方まで連続して流している。少し観る。焼きそばを作る。映画「UDON」を見たらウドンが食べたくなって、昼はうどんを作る。午後、チェコ映画「裏切りの報酬」を観る。話が複雑でわかりにくかった。話の取り運びも説明が省かれていて少しわかりにくかった感が残る。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ