谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/5/3

Joostを試してみた  エッセイ

このゴールデンウィークは天気がはっきりしていて、快晴の日は本当に朝から気持ちが良い。出勤ルートもいつもと違って、戸山公園を突き抜けて新緑を楽しみつつ。藤の花がきれいだったので、思わず携帯で撮影。たぶん、周りから見たら変なオジサン。
クリックすると元のサイズで表示します


話はいきなり変わるが、申し込んでから随分待ったJoostのinvitationが届いたので、さっそくソフトをダウンロードして試している。P2P型の新しい動画配信技術。なかなか良い。これは期待できるのではないか。

このブログも1万アクセスを突破。皆様、ありがとうございます。「どうじゃ、1万じゃ」と息子に威張ったら、「ボクのサイト、25万アクセス越えたよ」と、専用サーバーまで借りている本人は申しておりました。がっくり。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ