谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/5/19

週刊タニワキ(5月14日)  週刊タニワキ

 今週は淡々と打ち合わせの日々。15日(火)、ユニバーサルサービス委員会で補填額算定方式の見直し審議。16日(水)、会計研究会。主要論点を議論。かなり議論の中身がクリアになってきた。同日、通信・放送タスクフォース。18日(金)、総務委員会で質問が出たので朝答弁資料の説明。早朝起きるのは実に気持ちよい。その他の時間はひたすら「ネットワークの中立性懇談会」の報告書案を書く。肩と背中の凝りがひどい。。。

追記 最近、早稲田駅を使うことが多い。この駅の近くの本屋は朝8時から開いている。本屋に立ち寄る暇がなかなかない身の上としてはとても助かる。話はまったく変わるが、
忙しくなるとガジェットが欲しくなる。昨年はレッツノートを衝動買い。さて今年は?家電量販店に行くと眼がトロンとしてしまう。あぁ、お店ごと頂戴!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ