谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2007/5/27

週刊タニワキ(5月21日)  週刊タニワキ

21日(月)、テレコムサービス協会との勉強会。22日(火)、朝8時から勉強会でブロードバンド政策の講演。各省庁の人達なので、どうも中身についてこれないようで、「いやー、楽しいことやってますなぁ」的なレスしかなかった。ユーチューブ知らないと話がしんどい。その後、青山でモバイル関連の講演。あわてて職場に戻って、午後は審議会事業部会とヒアリング。都内をあちこちしていた一日。25日(金)、競争ルールの作業部会。主要論点の整理。個人的には概ね頭の整理ができてきた。後の時間はひたすら来週の研究会とか報告書案の作成に没頭。頭の芯が痛くなった。

週末は若手中心の勉強会で2時間ほどネットワークの中立性の議論に参加。最近この手の議論に参加していて思うのは、議論のはじめは意見に隔たりがあるけれども、だんだん収束してフィニッシュというパターン。今回もそれに近いものがあった。参考になりました。参加してよかった。それ以外は土日をかけて、長期間かけている個人的な原稿の直し。なんとか徹夜して終わらせる。明け方、皇居周辺がすがすがしい。あんまりキレイなので写真を撮る。どうです?結構、いけてるでしょ。


追記 日曜朝に新宿一丁目界隈を自転車で通ったら御神輿に遭遇。威勢のいい掛け声。なんか良いことありそうな。なんでそんなところに居たかって?それはね。新宿一丁目の「まんぷく食堂」(香川県のうどん屋さんの経営)のウドンを急に食べくなったからです。ここのぶっかけはいいです。讃岐で食べるのと同じです(私は香川高松に3年暮らしていたのでウドン大王なのです)。大盛も30円増しとリーズナブルだしね。話は変わりますが、PLCを買いました。あまりにも設定が簡単なんでびっくり。なかなかスピード出てます。良いですねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ