谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2009/12/20

ジェフ・ハウ著「クラウドソーシング」(ハヤカワ新書)  書評

 この新書シリーズがなかなか興味深い作品が取り上げられる傾向がある。本書のクラウドは”cloud”ではなく”crowd”、つまり群衆の知恵を借りるということ。Tシャツの柄を群衆が考え、実現し、販売するスレッドレス・コム、研究開発を複数のプロジェクトに分割して群衆の知恵を使うインノセンティブ、写真の群衆知を活用するアイストック等、豊富な事例を基にクラウドソーシングを紹介する。

 本書も指摘するように、グーグルのページランクの仕組み自体、コンテンツの重要性を各ネットユーザーに判断させるクラウドソーシングと言える。しかし、そこには明確な目標の存在、正しい群衆の組成、適切なリーダーの存在等が必要になる。リーダーは群集を力ずくでコントロールできない。HD−DVDのコピープロテクション解除コードが掲載されたディグはその代表例だろう。キヴァなどのマイクロファイナンスの仕組みも、広い意味でのクラウドソーシングの仕組みだ。

 これまでとは全く異なる意思決定やコンテンツ製作コミュニティが創造されてくる。総務省で推進している「サイバー特区」でも、こうしたプロジェクトを何件か手がけている。日本でもクラウドソーシングの動きを加速化させたい。本書は、今後のネットビジネスやネットコミュニティを考える上で有益な一冊と思う。
0

2009/9/28

佐々木俊尚著「2011年新聞・テレビ消滅」&池尾伸一著「ルポ米国発ブログ革命」  書評

 米国新聞業界がのたうち回っている。最近も名アンカーだったダン・ラザー氏の発言が注目を集めた。新聞やテレビという大きな社会的影響力を誇ってきたマスメディアはこれからどうなるのか。
 佐々木俊尚著「2011年新聞・テレビ消滅」(文春新書)はタイトルからして刺激的。佐々木氏のこれまでの著作同様、今回も引き続き手堅い考察。著者はテレビについては将来性を見いだしていないように見える。また、新聞については専門メディアとしての生き残りの可能性を示唆している。ただし、既存の雑誌メディアと差異がなくなる点については必ずしも明確には触れていない。しかし、全体として豊富な事例を紹介し、コンテンツ、コンテナ、コンベアという3層レイヤーで説明する手法も手際よい。新書でむずかしいのかも知れないが、できればイラストで3層構造を説明すると、もう少しわかりやすかったかも知れない。
 佐々木氏と同じ新聞記者出身の池尾伸一氏の著作「ルポ米国発ブログ革命」(集英社新書)は文句なしに面白かった。新書で内容を伴いつつ、ここまでメディアの方向感を具体的に記述している筆力は素晴らしい。メディア、とりわけ新聞の電子化と読者とのコラボレーションの在り方に新しいメディアの在り方が見える。刺激的。日本の新聞はどうか?新しいツールに参加するかどうかという点と課金モデルをどう維持するかという点に議論が集まりすぎていないだろうか?NPO的なメディアの在り方、プロがリードするグランズウェル的なメディア展開などが進むと、これまでのマスのメディアとはまったく異なるものになるだろう。今後とも新聞というメディアが必要だ。しかし、その形態や維持するためのシステム、メディアとしての役割はこれまでと全く異なるものになるだろう。
 相次いで新聞記者のOBと現役が著した2冊のメディア論。一読をおすすめしたい。
1

2009/1/3

グランズウェル  書評

 シャーリーン・リー&ジョシュ・バーノフ著「グランズウェル」(翔泳社)を読む。久しぶりに面白い本で一気に読んだ。最近のwebは一般大衆の力が大きくなり、ブランドや企業価値は企業が決めるのではなく、webで発言したり評価している一般大衆に主導権が移りつつある。この流れをうまく活用しなければ企業はその価値を最大化できないと説く。豊富な事例が紹介されていて、その一つひとつをネットで確認しながら読んでいくと、とても楽しいし、現実にそこまで来ているのかということを実感する。知人から以前教えてもらったBlendtec社の”Will it blend?”シリーズや化粧品などでお馴染みのユニリーバ社の商品Doveに関するCM”Evolution”なども登場する。eBagのサイトでの口コミ活用も成る程という感じ。商品開発にグランズウェルを活用する事例などもDellのケースとして紹介される。日本の企業はどこまで対応できているか?
0

2009/1/2

おもてなしの経営学  書評

 MSでWindows95やIEの設計をしていたという中島聡さんの著作(アスキー新書)。前段の論考も面白く読んだが、後段のひろゆき氏、古川さん、梅田さんとの対談が秀逸。中島さんとは面識がないけど、同い年なんだね、タニワキと。インフラのコモディティ化、サービス開発の需要性、グーグルの立ち位置、ICTベンチャーの日米の違い、政府のリーチすべき範囲など、幾つか読んでいて参考になる部分があった。良い本だと思う。
0

2009/1/1

変われる国・日本へ---イノベート・ニッポン  書評

 坂村健先生の07年の著作(アスキー新書)。イノベーションとは次々と新しいことを仕掛けていくことであり、イノベーションが起こりやすい環境を整備していくことが必要であると説く。

 キーワードとしては、オープン、ユニバーサル、ベスト・エフォートの3つを挙げる。また、イノベーションの類型を3つに分け、プロダクト・イノベーション、プロセス・イノベーション、ソーシャル・イノベーションの3つに分ける。3番目のソーシャル・イノベーション(具体例としてのインフラ・イノベーション)が重要であるにも関わらず、日本はこの部分がダメだとする。要素技術は強いが、面展開可能なイノベーションが生まれてこない。イノベーションのジレンマを考えると、これを打開するためには、産学官官民連携が必要と主張する。ただし、目標志向型の政策プロセスはダメとする。このあたりは政策目標の提示の在り方についてのバランスの取り方のような気もする。

 ともあれ、イノベーションを考える上で大変示唆に富む内容であるにもかかわらず、平易に書かれているので参考になった。良書だ。
0



AutoPage最新お知らせ