谷脇康彦(たにわき・やすひこ)  84年、郵政省(現総務省)入省。OECD事務局(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務(87-89年)、電気通信局事業政策課課長補佐(93-97年)、郵政大臣秘書官(99-00年)、電気通信局事業政策課調査官(00-02年)、在米日本大使館ICT政策担当参事官(在ワシントンDC、02-05年)、総合通信基盤局料金サービス課長(05-07年)、同事業政策課長(07-08年)を務め、08年7月より現職。ICT政策全体の総括、通信・放送の融合・連携に対応した法体系の検討、ICT分野の国際競争力向上に向けた施策展開などを担当している。著書に「世界一不思議な日本のケータイ」(08年5月、インプレスR&D)、「インターネットは誰のものか」(07年7月、日経BP社)、「融合するネットワーク」(05年9月、かんき出版)。日本経済新聞(Nikkei Net) ”ネット時評”、日本ビジネスプレス”ウォッチング・メディア”などへの寄稿多数。

2008/12/6

ニコラス・G・カー著”Does IT Matter?” (ランダムハウス講談社)  書評

 恥ずかしながら今頃読むに至った本書は、IT(用語の使い方は筆者に従う)はかつてはライバルに対して優位に立つための専有技術だったが、生産要素の一種でしかなくなり、コモディティ化したと指摘する。資源に希少性がなければコアコンピタンスにはなり得ない。翻案すれば、ITが普通の技術になることによって、社会経済システムの中で真にその真価が発揮されるのかも知れない。それはユビキタスという社会かも知れない。そこで真の範囲の経済と規模の経済が透徹することになる。

 また本書は、内燃機関から鉄道、さらに周辺産業の誕生という産業革命を現在のITの流れに結びつける波及モデルの考え方は極めて正しい。問題はその起点をどこに置くかということだろう。コンピューターの誕生、インターネットの誕生、wwwの誕生などなど、いろんな考え方があり得る。

 本書の指摘する専有技術とインフラ技術を概念として分けるのも、合理的である。後者は価値の共有により価値が高いものであり、ネットワークの持つ経済優位性などはこれに該当するのだろう。この関連で電力の登場が生産過程を変えていくプロセスの説明は一気に読ませる。それにしても、インフラについては専有期間として利益獲得できる期間は極めて短いことを歴史は教えてくれる。通信インフラをこのアナロジーでどう考えるか。おそらく、電力という単一財とITという複合財の違いもありそうだが、この点は筆者は触れていない。

 他方、情報の完全デジタル化はすべての情報がビット化し、劣化しなくなる。自由な複製が技術的に可能となり、情報がコモディティ化する可能性がある。現時点でそこまでは至っていないものの、ハードのコモディティ化は急速に進んでいる。これはオープン化、モジュラー化、ネットワーク化の流れとも密接に絡むだろうが、決して抗うことができないのもまた倫理的な流れ。大変なのは、筆者は「技術のコピーサイクル」と呼んでいる競争優位性の短期化の問題。グローバルな関連知識の向上やノウハウの普及によって、コピーサイクルが短くなる。まさにデジタル家電の投資回収期間の短期化の問題である。クラウドに至る流れ(仮想化技術の導入など)はその意味でとても合理的な論理パスを描いていると思う。しかし、クラウドは通過点に過ぎないとの思いもある。ネットワーク機器のコモディティ化の議論の中でクリステンセンの「オーバーシューティング」という概念を持ち出している。これなどモバイル端末の状況そのものではないか。“ほとんどの顧客のニーズを満たせるようになると、競争の基盤は性能から価格に移る”という指摘は示唆的である。その後、ソフトウェアのコモディティ化も進む。個別ソフトからパッケージソフト、さらにSaaSによる流通コストの低下とスケールメリットの発揮と続く。

 企業という供給側の組織ではなく、消費者のニーズが製品を作り出していくようなプロダクトサイクルが求められてくる。理念的にはこれを実現するためには多様なバリューチェーンを持ち、そのために様々なアライアンスが必要になる。これを競争政策の視点もからめると、特にモバイルなどの公共財を使っている分野ではオープン性の確保が必要ということになるはずだ。それにより、始めて持続成長可能モデルではなく、てこ入れ可能成長モデルを作り出すということができそうだ。

 いずれにせよ、ICTの分野で久々に読んで参考になる本でありました。本書の邦題(ITにお金を使うのは、もうおやめなさい)は見識を疑う。長谷川慶太郎さんの本みたい。原題の”Does IT Matter”が本書のすべての問題意識を表している。
0

2008/11/30

ケータイ料金は半額になる!  書評

 山崎潤一郎氏の新刊「ケータイ料金は半額になる!」(講談社刊)は、モバイルビジネスを取り上げたもの。モバイルビジネス研究会から通信プラットフォーム研究会などの流れを丹念に追い、解説を加えている。かなり詳細な事実関係を明らかにしている。その逐一の内容について当事者の端くれでもある私が論評を加える立場にはないが、モバイルビジネスにおける垂直統合と水平分業の選択可能性という問題を包括的に解説しており、辛口のモバイルビジネス論となっている。
 特に英国の広告モデルの無料MVNO"Blyc"の話や”おてつだいネットワークス”の話など、ケータイでそこまでやれるのかという点が面白かった。一読をお奨めしたい。09年は、モバイル業界が本当の意味で大変革を経験する年になるだろう。
0

2008/9/24

インフォコモンズ  書評

 “ウェブ2.0”を越えたインターネットの姿を模索する議論があちこちで行われている。本書"インフォコモンズ"(佐々木俊尚著、講談社刊)は、そうした動きの中で“インフォコモンズ”(情報共有圏)という概念で包括的な整理を試みている。ネット上の情報がそれぞれ意味を持ち、有機的に結びつけられる世界。それをプルでなくプッシュで獲得し、それそれの共有圏は人的関係を抜きに、情報そのものを「立ち位置」として共有圏を形成していく世界を、豊富な実例を基にうまくまとめている。現在取りまとめ作業中の通信プラットフォーム研究会でのライフログの議論などともかなり絡む話のような部分も多い。良作。あえて注文をつけるとすると、まだこなれ切れていない部分が残らなくもない点か。しかし、それも新領域にチャレンジしているからこそ。次回作にも期待したい。

0

2007/12/24

iPhoneショック  書評

 「iPhoneショック」(林信行著、日経BP社)を読む。この本はiPhoneの紹介本かと思って読み始めたが、読み進むうちにそうではないと気づいた。著者のメッセージは第9章にある。
 最終章第3部は「日本メーカーはなぜiPhoneを作れなかったのか」とあり、最終章(第9章)のテーマは「魅力的な製品を作る3つの視点」とある。つまり、日本のメーカーに対する強烈な応援メッセージが書かれている。日本のメーカーのもつ潜在力は大きい、今のビジネスモデルから脱却することこそが新しい成長をもたらす-----筆者の畳み掛けるような強烈な主張を感じることができた。
 アップルの製品は高価だが、統一的な世界観があり、その「ワクワク」にお金を出しても良い、と思わせるものがある。私のiPod(20G model)、iPod shuffle、iPod nano (2G)2台、iBook(娘にとられた)も元気に動いているし、未だに「カワイイ」。こうした感じは、かつてのソニーのバイオもそうだった(これも我が家にころがっている)。とにかくプラスチックの箱というPCのイメージを変え、見ているだけでうっとりするようなデザイン戦略だった(よくフリーズしたけど)。数年前にCESに行った際、アメリカ国務省の高官が跳ね回るAIBOをうっとりと見ていたのも思い出した。
 ワクワクする商品なら多少高くても消費者は購入する。いやいや携帯にお金はかけたくない、という人は単機能の安い携帯を使う。そんな当たり前の選択の可能性が消費者に提供されるべきだろう。この本はiPhoneを一つの契機として、モバイルビジネスの様々なことを考えさせてくれる。何より読みやすいので、ぜひご一読を。
 来年1月のマックワールド。スティーブ・ジョブスはどんなサプライズを用意してくれているのだろう?

0

2007/2/3

”YouTube革命”  書評

神田敏晶著「YouTube革命」(ソフトバンク新書)を読む。電車の中くらいしか読書時間がなく、読了に少し時間がかかったが、面白かった。2回読んでしまった。2回読んだのは「ウェブ進化論」以来。

HDレコーダが当たり前になり、今までは”チャンネルというX軸と時間帯というY軸上で検索されちいただけだが、これからは出ているタレントや見たいキーワードでヒットしたものだけを見るようになり、そう遠くないうちにチャンネルという概念も崩壊するだろう。”というのはそのとおりだと思う。

情報の時間軸の自由度が増すというのは、はじめてVTRを購入して、時間どおりにTV番組を見なくてよくなった時の感動を思い出す。

”「TV2.0」に対応したディスプレイは、データマイニング技術やRSS、ソーシャルネットワーキングサービスらのマッシュアップ(組み合わせ)によって情報が高度化されていく”という指摘も、まさに自然の流れと納得。

とすると、”「オープンソース型のマーケット」を形成していくだろう。「ソフトウェア企業」「ネット企業」「メディア企業」は三位一体化していき、ハードウェアであるパソコンは、ますます携帯化に拍車をかけ、新たなモバイル文化を形成し始めようとしている”という方向に流れていくという指摘にも合点がいく。通信と放送の融合やモバイルビジネスの方向性にも含意がある。

一読をお薦めしたい好著だ。

一昨日も、ワンセグをPC上で視聴・録画できる「ちょいテレ」で録画したお気に入り「ロック・フジヤマ」(月曜深夜午後1時)をPCで見た後、続きをGyaoで視聴(この番組はTV放送後の部分を引き続いてGyaoで見せている)。ちょっと気になるアーティストの商品をアマゾンでチェックした後、マイスペースでPVを視聴。融合とか連携とか、なんか自然の流れになっている感じがする。

いずれにしても神田氏の、”シェアの奪い合いの時代から、ユーザーの「可処分時間」を共有し、「競争から共創」する時代に向かうだろう”という指摘が実感される。オープン・協働型のビジネスモデルをおそれずチャレンジしてみることから、次の市場が見えてくるはずだ。
0



AutoPage最新お知らせ