2018/6/23

WSC・WPC選抜大会でした。  全日本パズル選手権

6月9日・23日に、WSC・WPC選抜大会2018が行われました。
今回はまた問題制作と、各種ファイルの作成をしました。
大会期間は終わりましたが、問題はいつでもダウンロードして解くことができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

以下、問題制作とファイル作成についてのコメントをつらつらと。
ネタバレにもなるかと思いますので、まだ問題を解いていないよという方はお気を付けください。






  ↓ ↓ ↓





さて、まずはファイル作成について。

もし問題に不備があったりすると、
「制限時間内にどれだけのパズルが解けたかで競う」
という、大会の根本が崩れてしまいます。
たとえばその不備のある問題に30分かけて取り組んでしまった人と、それにはまったく時間をかけずにそれ以外の問題にフルに時間を使った人とでは、大きな差になりますよね。

と考えて、各ファイルはできるかぎり早めに作成を進めて、チェックに時間をかけてもらえるようにする、という方針で作業を進めていました。
少し前に海外のパズル大会で、pdfを画面上で見る限りは正しい問題盤面なのに、印刷すると黒マスが1つ増えてしまうのだったか減ってしまうのだったかで、解なし盤面になってしまうという事件があったりもして、なんとなくびくびくしていたのですが…。
twitterでの反応を見る限りでは大きな問題は無かったようで、ほっとしています。


そして、問題制作について。

「オフラインで行われるJPCと、オンラインで行われる選抜大会」という現状の中での、"選抜大会の問題"の制作依頼ということで…。
全般に、世界選手権だとこういう傾向の問題が出題されるだろうか? というようなことを気にして問題をつくっていました。

そうなると問題の難易度は上がることになってしまう――少なくとも自分がつくったものはそうなった――ので…。
今度は"選抜大会"ではなくもっと気軽に参加しやすい大会やイベントが増えたらいいなあ、と。
JPCはこの9月に行われますが、それ以外にもさらに。

となると今度は、それだけいろいろイベントを行える基盤は…など気になってくるところで。はてさて…。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ