2007/7/14

安曇野めぐり  

クリックすると元のサイズで表示します

先週末、某安曇野の達人と一緒に、ちょっとだけ地元観光をしてきました。
東京からいらしたお友達とのお出掛けにくっついて回るコバンザメ作戦です。

↓どこへ行っても知り合いがいる達人のブログ
水晶山きまぐれカバン店
http://kimaguremiyuki.no-blog.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

まずは朝イチでブルーベリー摘み。
安曇野の盆地で爽やかな高原のイメージを追いかけます。
ワタクシ的には早起きの部類に入る時間だったのですが、現地で聞くと既に何組か来られているとのこと。
でもこれ、確かに早くからじゃないとダメですね。
暑い。
首の後ろがちりちりと焼けてきます。
でもこの陽射しあればこそのアントシアニン!
“10粒取るごとに1粒食べてよし”という鬼のような身内ルールのおかげで結構な重労働でしたが、やっぱり摘みたては最高です。

クリックすると元のサイズで表示します


池田町の白露さんにて。
陶房 白露
http://www.azumino-style.com/shoukai/touki/hakuro/hakuro.htm

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは普段、窯や工房を公開していらっしゃらないのですが、作家仲間で、白露陶芸教室の生徒さんでもある達人にくっついてお邪魔しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ご兄弟で窯を焚いていらっしゃる小久保さんのその作品はもちろん、工房やご自宅の落ち着いた佇まい、起伏に富んだ季節感いっぱいの広いお庭がとても素敵です。
白露さんのある安曇野の東、池田のあたりは、なんとなく“和”の雰囲気が漂ってますね。
お屋敷の多い家並とか、田畑や里山の風景とか。
古道として有名な塩の道も安曇平のこちら側を通ってますし。
一方、北アルプスの裾に当たる安曇野の西、穂高の山麓線周辺は、こじゃれたお店や別荘が多く、僕の目から見るとこちらは西洋の趣。

クリックすると元のサイズで表示します

小久保さんちは、おばあちゃんが窯場の脇の畑を手入れなさっていました。
お洒落な銀髪につばの広い帽子を目深にかぶり、おっとりとした口調で受け答えをされる様は、東の魔女の貫禄充分。

実は、僕の大好きなこの作品↓が、来年公開を目指して現在映画化進行中でして。
“梨木香歩原作、映画『西の魔女が死んだ』クランクイン!”
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=6091
おばあちゃんの庭はこんな感じなのかなあと、白露さんちを見ていると、作中の描写を思い出したりするわけです。

クリックすると元のサイズで表示します


このあと、スタジオーネさんでランチを食べて、長峰山のてっぺんから安曇野を見渡し、最後はシュタイネさんでカエルの観察。
スタジオーネ
http://stagione.info/
ギャラリー・シュタイネ
http://steine.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

どこに溶け込もうとしているのか、緑の葉っぱの上で目立ちまくりの彼(彼女?)は、みんなにカメラを向けられ注目の的でした。

広くて深い安曇野を一日だけ楽しむための一筆書き。
地元でもなかなかひとりではこれだけ贅沢なツアーは組めません。
さすがは達人。
ありがとうございました!


追記
そういえばウチにも...

クリックすると元のサイズで表示します

“無事帰る”に掛けたありがたい栃木の大谷石ガエルですが、通勤用ヘッドフォンのスタンド代わりにされております。
0



2007/7/16  12:58

投稿者:アズミノペンギンドー

こんにちは、あきさん
地震大丈夫でしたか??
北の方はずいぶん揺れたみたいですね。
こちらも仕事中にグラリと大きなのがきて、ちょうど下を向いて立っていたので、一瞬立ちくらみかと思いました。
“過労”の二文字があたまをよぎったものの、よく考えたら雨でごろごろしてた休み明けに過労も何もないもんだ。

大きな被害が出てないといいけど...

2007/7/16  12:55

投稿者:アズミノペンギンドー

うめたろうさん、こんにちは。
次の安曇野めぐりはサイクリングでもいいですねー
小梅号もあることだし。
みんなの分も自転車用意しますよ。
ただし、ヘビー級のマウンテンバイクから、いくら漕いでも進まない折りたたみ自転車まで玉石混淆なので、小梅号も入れて割り振りはジャンケンということで : )

2007/7/15  2:20

投稿者:あき

あたくしも〜。
参加させていただきたいと思います。
でも人見知りなので、
会話すると支離滅裂です。
あ、文章もですけど。

安曇野めぐり、してみたいですね〜。

2007/7/14  22:00

投稿者:うめたろう

ペンギンドーさん、こんばんは。
さすが、どこにいっても知り合いのいる達人さんのプランですね。どこも安曇野の魅力満載!ついてけば良かったなー。
安曇野めぐりパート2はないのかなー・・・・
あったら、また誘ってください。
最近、自転車漕ぎが楽しくなってきました。
心臓の鼓動が早くなってくると、少しずつ気持ちよくなってくるあの忘れかけていた感覚が甦ってきました。
今度は距離をのばして、安曇野めぐりでもしてみます。

それにしても、後ろ姿も麗しいお二人ですねー。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ