2007/11/13

安曇野スタイル 当日編(つづき)  

クリックすると元のサイズで表示します
二日目は朝から明科方面へ足を伸ばしました。
昨年の池田に続く、"普段あんまり行かない方面シリーズ"です。
トップの写真は、白鳥で有名な御宝田遊水池の近くにあるわさび田。
黒い遮光ネットに降り積もる枯葉を、おじさんが黙々と払い落としていました。
広葉樹の並木は綺麗ですが、この時期はこうした手入れが大変なのだとか。

クリックすると元のサイズで表示します
明科のギャラリー“陶心”でやってた佐藤俊二さんの作陶展にて。
うちにも一匹いる香炉のペンギンたちです。
その見事なまでのA体型にグッときます。
今回、近くにある佐藤さんの工房“佐陶工房”(とおぼしき場所)にも伺ったのですが、人けがなく静まり返っていたので、引き返して来ました。残念。
“はな”に会いたかったなあ。
地図通りの場所で壁にパンフレットも貼ってあったから間違いないんでしょうけれど...
周囲は里山らしさいっぱいの好ロケーション。

クリックすると元のサイズで表示します

ぎゃらりー明科 陶心
http://www.azumino-style.com/shoukai/gallery/toushin/toushin.htm
佐陶工房
http://www.sato-kobo.com/


午後は、土岐や瀬戸からいらした作家さんのご一行にまぜて頂きました。
以前、駒ヶ根や八ヶ岳のクラフトフェアでお会いした藤田千絵子さんとそのお友達です。

クリックすると元のサイズで表示します
十色屋のmiyukiさんにいろいろとオススメのお店や工房を紹介してもらって、まずはヨコオヒロミさんのガラス工房“Glass Studio Cadenza”へ。
なんだかヘンな..あ、いや、面白いものを作ってるひとだよとは聞いていましたが、なるほど確かにこれは、少し微熱っぽい夜の夢に出てきそうなティム・バートン的世界観...
ご本人曰く、それでもことしは抑えているとのことで、昨年はガラスの目玉とか作ってお客さんドン引きだったそうです。
見たかったなー
水木しげる先生と同郷の僕には大きな目玉とか、とっても見慣れたアイテムですよ。目玉の飴とか売ってるしね。
でも工房の中をよくよく眺めると、あふれ出る趣味嗜好は抑えきれないと見えて、床の上で不気味に揺れてるひょろりと足の長いザトウムシなど、とってもキモカワでいけてます。
ヨコオさんご本人も、どことなく桃井かおり風味で、掴みどころのなさげなキャラクターがいい感じ。
こういう人はカッコよく歳とって魔女みたいになるんだろうなー
素敵だ。
実はこちら、旦那さんが僕と同じ会社の方で、後日丁寧なお礼のメールを頂きました。恐縮です。

Glass Studio Cadenza
http://www.azumino-style.com/shoukai/glass/cadenza/cadenza.htm


クリックすると元のサイズで表示します
一年の内で七ヶ月だけやってる、カフェと雑貨の“七ヶ月”さん。
相変わらず大人気です。
駐車場からエントランスまでの間にテントやテーブルが並べられ、細々とした雑貨や作家モノが並ぶ賑わいは、さながらフリマのよう。
うーん、でもなかなか気に入るスリッパがないなあ。
と、スリッパ強化月間実施中の藤田さんが申しておりました(早口)

Weekend cafe & zakka 七ヶ月
http://www.nanakagetu.net/


クリックすると元のサイズで表示します
“ギャラリー・シュタイネ”さんには、『私の中のゴッホ』というお題に沿った作品が集まっていました。
なんでゴッホ??と感じたのは、参加されている作家さんも同じだったようで、その作品を眺めてみれば産みの苦しみは如何ばかりかと(笑)
正面の『握手』とか不思議でしょ?
中には“そこがゴッホかい!”とツッコミたくなるものもあるのですが、多少の拡大解釈はご愛敬。
自分なら何をどう作ろうかと考えながら作品を眺めているとワクワクしてきますよ。

クリックすると元のサイズで表示します

で、実はこの中にVALOのカクさんの作品があります。
さてどれでしょう??
答えこれ↓(早!)
クリックすると元のサイズで表示します
左の青と黄のパネルです。
てっきり書を出してるのかと思ったら。
多才だねー

『私の中のゴッホ』、11/25までやってます。

Galerie Steine
http://www.steine.jp/


このあと“アトリエむう”さんで丸くなった猫を背をなで、花咲く庭を眺めつつ吹き抜けの窓は掃除が大変そうだよねえといらぬ心配をし、“赤沼家”では駐車場の土手でクルマのおなかをゴリゴリこすり、畳の間に上がって片付けの始まった作品をしつこく見て回る中で、大きな薄皮の和菓子みたいなガラスのオブジェがあまりにもさわり心地よさそうだったのでちょっとだけ持ち上げてみたりしました(ごめんなさい)
クリックすると元のサイズで表示します
最後は時間に追われて少しばかり駆け足だったですね。
どこも17時頃には終わってしまうので、一ヵ所でのんびりしていると頭の中に思い描いたルートはなかなか回りきれません。
でものんびりしないと面白くないのがオープンハウスイベントですから、これはもう、十年くらいの計画で少しずつ見て回るしかないでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します
初めて安曇野にいらしたという藤田さんたち。
「こんなにおうちがあるとは思いませんでした」と何気にケンカ売ってくれたりしてましたが、ことしのガイドブックに載っている、その昔ゲーセンにあったハンドル付きのドライブゲームみたいなあのシンプルな地図を見れば、どうぶつの森やドラクエあたりの風景がイメージとして浮かんでくるのかもしれません。
作家さんというのは、やはりものの見方や捉え方も違うようで、ご一緒させて頂いて本当に楽しかったです。
普段見慣れた風景も、みなさんの肩越しに眺めるとまたちょっと新鮮だったかなと。
ありがとうございました!
0



2007/11/18  1:06

投稿者:アズミノペンギンドー

こんにちは、Steineさん
『私の中のゴッホ』、楽しませて頂きました。
お題に沿った作品っておもしろいですね。
その方のモノの見方や捉え方が伺えるようで。
アクの強い方も多いですし。
たとえば“春”とか”夢”とか、そういうありきたりなテーマじゃないところに、『なんでゴッホ?』と思いながらSteineさんの扉を開けるワクワク感がありました。
パソコンわからないことリストのページがあまり増えないうちにまた遊びに伺います!

2007/11/18  1:03

投稿者:アズミノペンギンドー

ヨコオヒロミさん、ジュンさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
こんど是非ゆっくりとキモカワ系の魅力について語って頂きたく。
僕もそっち方面には一定の理解があるつもりでしたが、ナイトメアー・ビフォア・クリスマスやリロ・アンド・スティッチをうひゃひゃと観てるようではまだまだと思わせる世界がCadenzaさんにはありましたねー
東京でのイベントもいまから楽しみにしています。
恵比寿の三越でしたっけ?
うまいこと出張できたら、差し入れに目黒でサナダムシのTシャツ買って行きますね。

2007/11/18  1:01

投稿者:アズミノペンギンドー

うめたろうさんところも大盛況でしたね。
焼き物やガラスじゃなくて、木のはんこっていうのが、こっふぇる梅太郎のカラーに合ってるような気がしました。
やっぱりパン屋さんは有機化合物のイメージかなと(笑)

佐藤さんの工房あたりの雰囲気とか、御宝田あたりの小川の風景とか、明科にはまったりと和める空気がいっぱいでした。
池田もそうだけど、東の方は“和の安曇野”という感じでいいですね。

2007/11/18  0:59

投稿者:アズミノペンギンドー

VALOさんこんにちは
一淹一福、いい言葉ですね。
いや実際、VALO号の中でカクさんが珈琲淹れてる姿は真剣そのもので、わずか二畳の庵で茶を立てたという利休の侘び茶ようなストイックさ。
たとえ見えないところでは毛ずねをボリボリ掻いていても、一滴入魂のその姿はカッコいいっすよ。

2007/11/18  0:58

投稿者:アズミノペンギンドー

こんにちはmiyukiさん
安曇野スタイルおつかれさまでした。
って、もう二週間も前の話ですが...(亀レスですみません)
気分はもう、来年のグループ展ですねえ。
うまいこと出張重ねて、こんどこそ陣中見舞いに伺いたいと思います。
また呑み過ぎてこんどはAさんのお高いマンションで羽目を外したりしないようにね。

2007/11/15  14:07

投稿者:steine

ペンギンドーさん、レポートありがとうございます。
久々にペンギンドーさんにお会いできて嬉しかったです。
うめたろうさんでペンギンドー指定席にすわらせてもらったり、
mさんから日常の動向をうかがったりしていましたが、
やっぱり実物がカッコイイ!
今、PC分からないことリストをつくっていますので、
どうぞゆっくり遊びにいらしてください!!

2007/11/14  23:15

投稿者:よこおじゅん

こんにちは。横尾@穂高有明です。安曇野スタイルの時はありがとうございました。妻は確かにつかみ所がないです(笑い)。先ほど電話があって、みゆきさんとお誘いで2月に東京で展示会があるようです。またよろしくお願い致します。

2007/11/14  20:33

投稿者:うめたろう

ペンギンドーさん、あいかわらず楽しく知的な文章ですなー。わたくしの稚的な文章というか箇条書きとはえらい違いです。楽しみにしてるので、忙しい日々でしょうが週に1度は更新してください。(あっ、人の事いえないか)

佐陶工房さんのロケーション、いいですねー。
ありそうであんがいないんですよねー、こういうとこ。
こんど、行ってみます。
佐藤さんのマグカップ、うちで愛用してます。
ペンギンの香炉もいいねー。

ゆっくりまわってみてーな〜。

2007/11/13  23:01

投稿者:VALO

ご来店いただきありがとうございました。
さらに秀逸な写真をも頂きました。
これからも一淹一福の心得で頑張って参ります。

ペンギンドーさんの文章は 
表現や単語使いが絶妙でテンポも良く
ドンドン読みたくなります。
今回のレポートも素晴らしいですね。
私としてはちょっと恥ずかしいくらいですが・・・
VALOとしましては有難いこと、感謝です。

また、旅の途中にでもお立ち寄りください
ググりたくなるネタをご用意してお待ちしております。




2007/11/13  9:03

投稿者:miyuki

二日間にわたりたいへん力作なレポート、すばらしい!どこにも行けなかった私も行った気になりました。ホントは参加者でなく、お客さんでいろんなところを廻ってみたい派なんだけど〜、来年はopenの時間を考えよっかなぁ。それでもペンギンドーさん含むたくさんの楽しい面々に会えて、楽しい4日間でした〜。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ