2005/9/29

Keep paddling  

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりのシーカヤックです。

実はまだ一度も塩水に浮かべたことのない箱入り娘の愛艇“轟天号”(沈む沈む)を日本海の荒波で鍛えるべく、パンダにのっけて行ってきました。
場所は新潟の福浦八景。
安曇野から高速使って二時間半くらいです。
今回は妙高にあるモルゲダール倶楽部さんというショップのツアーにまぜて頂きました。
http://www.morgedal-club.co.jp/

当日は台風17号の影響からか、空には何やら怪しげな雲が渦巻き、風はほとんどないのですが、波のうねりはかなり大きめ(当社比)
ぼんやり漕いでると船酔いしそうです。
視界のはじっこで隣のカヤックがふっと波間に隠れたかと思うと、次の瞬間には自分がフネごとふわりと持ち上げられています。
何か大きくて毛並みのいい動物の背中の上で揺られている気分です(わお)
途中、小さな入江に上陸してお昼を食べ終わったあたりから雨も降りはじめ、冒険指数は更にアップ : )

こんな悪条件のときにはいつも思うのですが、たとえば、このうねりって僕たちがいなくても起きてるんですよね。
雨もそう。風もそう。
僕らがいなくても見てなくてもカメラが回ってなくても、海の上ではいつもどこかで風が吹いててうねりが起きて空が真っ黒になって嵐がやってきて地図にも載ってないような無人島の椰子の木がぶんぶん揺れちゃって倒れちゃってすごい波とか来て魚がびちびち打ち上げられて砂浜なんかぐっちゃぐちゃになってしまっているんですよきっと。

だれも見てないのに!

僕がこうしてパソコンに向かっているいまこのときにも、空には南を目指して渡る鳥の一群があり、海の中ではクジラが歌い、南極のどこかはじっこの方ではペンギンが魚を追いかけて氷の下を飛び回っているはずです。
近年劇場公開された英仏系のドキュメンタリーはそんな想像を容易にしてくれましたね。
森では枯死した老樹が倒れて陽が地表に達し、実生がその光を受けてまた空を目指しています。
川の畔ではカワセミが魚を狙い、熟して水面に落ちたやまなしを追いかけてカニたちが岩の間を走って行きます(この話おぼえてるひと、はーい)

だれもいない海や森や川で起きてるいろんな出来事のひとつひとつを想像し始めるといつも、この星の上に在るすべてのものの動きがみんなひとつに繋がってあたまとカラダの中に飛び込んで来るその感覚に思わずカラダが震えて飛び上がりそうになります。
すべてがいまこのとき同時に在って生きているという現象を、僕たちは想像し感じることが出来るのだと思います。
正しい知識と好奇心さえあれば。

本日の一枚
映画“地球交響曲”の第四番で、プロサーファーのジェリー・ロペスが“Keep paddling(漕ぎ続けよ)”という言葉を使っています。
ここで言うPaddlingとは、サーフボードの上で腹這いになって手で水をかくことなのですが、カヤックの上においてもまた、同じPaddlingという名の行為を通じて彼のその言葉を理解することができます。
あきらめずに漕ぎ続けよ。
望んだことは、あきらめたところで終わってしまうのだ、と
僕はそんな風に解釈しています。

追記
結局、ラダー(舵)の付いてない轟天号は僕の腕では荒海に耐えられないと判断され(涙)、ツアーではまたシングル艇をお借りすることに。
待ってろ轟天号。
もっと経験を積んで今度こそ海に連れてってやるからな。
0



2005/9/29  15:38

投稿者:アズミノペンギンドーさん

そうそう、WATARIDORIとDEEP BLUEと皇帝ペンギン。
あ、WATARIDORIは海洋ものじゃないじゃん。
修正しとかなきゃ。

2005/9/29  9:27

投稿者:ちょびさん

初めてのコメントなのでこれで届けば良いのですが
。。

>英仏系の海洋ドキュメンタリー
これきっと私もDVD持ってるやつかと。
家の娘も一緒に見たんですが、くらげのシーンがお気に入りです

何が好きなのかは分からないけど、きっと大人と同じ事を思っているのかなと、勝手に思ったりしてます


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ