2005/10/18

ちぎり絵  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

季節物なので、南の島ネタより先にちょっとだけアップ。
黄葉が見頃になった栂池自然園と志賀高原に出掛けてきました。

ここ最近、週末になると山の天気が崩れるようで、あいにくとどちらも青空には恵まれず...
でもブナやカツラの黄も、カエデやナナカマドの赤も、雨や霧の中にあって何やら密やかで幻想的です。
それらがダケカンバの樹皮の白や常緑樹の濃い緑と混じり合う様は、まるでやわらかに色を集めていく和紙の“ちぎり絵”のようでもあり、一面赤や黄に染まる絵画的な秋のイメージよりもどこか優しく素朴なものを感じさせてくれます。
ひとつひとつはどれもがそれぞれに凛々しく綺麗で混じり合わず、且つ互いを打ち消すことなく引き立て合い、全部ひっくるめて何かとても自由なものを見ているような気持ちになりますね。

本日の一枚
志賀のほたる温泉源泉近くでの一枚。
小道の真ん中にぽっかり穴があいて泡と蒸気がぶくぶく立ち上っており、ふとのぞくと誰かのゆで卵が(笑)
ずいぶん長いことほったらかしだったので、かなり固ゆで好きなひとかなと : )
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ