2006/10/7

帰省中  

クリックすると元のサイズで表示します

二年ぶりに実家に帰って来ています。

つわりで苦しんでいると聞いた妹もどうやら落ち着いたらしく、ゴムのパンツで駅まで迎えに来てくれました。
ウェストに合うものがなくなったと嘆いています。
そこか論点は?

写真は、お昼寝中のウチの弟(コーギー、オス四歳)
なんともお恥ずかしい格好で恐縮です。
この子はちょっと後ろ足が不自由なのですが、その分、胸から前足上腕にかけての筋肉ががムキムキ(死語)発達していて、妹曰く“人間で言えば逆三角形”
うーん、そう言われればそうなような、ただのおデブなような...

クリックすると元のサイズで表示します
我が家の近くからの風景です。
空が広いでしょ。
海が近いし、何より高い建物が全然ないので(笑)
右の方に見えるこんもりとした山が、八百比丘尼(やおびくに)の人魚伝説が残る粟嶋です。
彼女の篭ったという岩屋がいまもあり、子供のころはよく肝試しでのぞきに行きました。
http://www.yonago-city.jp/minwa/minwa005.htm
出雲神話の世界では、大国主の命と一緒に国造りをした少彦名の命という神様(なんと親指ほどの大きさだったとか!)が、粟の穂にはじかれて黄泉の国へと旅立った場所だそうです。

語弊のある言い方かもしれませんが、ひとを惹きつける安曇野のような華麗な?田舎と違って、ここらは根っからの“地方”です。
ヘンに気取らず気張らない、なんというか、程好くぬるい風が吹いています。
山陰に行ってみたいと言ってくれるひとと話をするとき、僕はいつも“人生の最後の方でいいですよ”とアドバイスしています。
これはまあ、見るとこなんかありませんしという意味のひねくれた言い方なのですが、一方で、歳をとらないとこの土地の良さは分からないんじゃないかと思う気持ちもあります。
もちろん僕も含めて。

クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/10/12  8:30

投稿者:アズミノペンギンドー

miyukiさん情報ありがとうございます。
14日ですか!うーわー見たいけど、その日は白馬で自転車乗ってるかなあ。
どうしようかなあ。
馬券だけ買っとこうかなあ。←売ってません

2006/10/11  19:11

投稿者:miyuki

ペンギンドーさん、知っていますか、14日の日にこの
前言ってた草競馬あるんだって!私は残念ながら行け
ませんが、君もまだ故郷でしょうか。

2006/10/11  9:10

投稿者:アズミノペンギンドー

こんにちはMARIAさん
確かに、高い建物ってないですね、松本。
景観とか、お城に遠慮してるんでしょうか。
でも弘法山とか高台のてっぺんに体育座りして、ぽかぽか陽気と気持ちのいい空気の中で街を眺める贅沢って、都会の高層ビルの上では味わえないだろうなー

2006/10/11  9:03

投稿者:アズミノペンギンドー

のりのりさんこんにちは。
では老後はぜひこのまま長野で : )
ご近所同士で田舎暮らししましょー
安曇野の秋の始まりを楽しめるくらいには、仕事が落ち着くといいですね。

2006/10/11  8:55

投稿者:アズミノペンギンドー

うめたろうさんこんにちは。
いますよー、妖怪小豆洗い
http://www.top-page.jp/site/page/mizuki/complete_works/list/a002/
日本各地に出没するらしいですからご注意!
でもまあ、うちらの田舎で畑仕事してるじいちゃんばあちゃんたちはみんな妖怪みた...うわ!なにするやめ

2006/10/10  21:56

投稿者:MARIA

コーギーちゃん、可愛いですね(^^)
高い建物がないといえば、松本では一番高いのが
ブエナビスタと前に消防署の方から聞いたことが

人魚伝説、何だか切ないですね


http://photomaria.blog24.fc2.com/

2006/10/9  21:29

投稿者:のりのり

山陰には独特の雰囲気がありますね。
歳をとって分かる良さ、って 私も少しずつ感じるようになりました。
夏の終わりって苦手な時期なんですが、秋もいいもんだなぁって ちょっと思います。

2006/10/8  19:32

投稿者:うめたろう

空、広いですね。山陰にはミステリアスなイメージを
もってましたが、民話を読んでますます興味が湧いてきました。「人生の最後の方」まで待てるかなー。。
「小豆とぎのばーさん」なんか「鬼太郎」にでてきそ〜〜。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ