キタカミ徒然 / ボヘミやんの採集日記

三葉虫を追い続けるボヘミやんのユル過ぎる日記 【 since 2005.11.24 】

 
三葉虫標本一覧 ジュラの峠のアンモナイト  旧・ヘミやんの採集日記 E-Mail 左フレームが非表示の場合はこちら

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

子猫ちゃん(笑)

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
雌の巨大アンモを見つければ、その回りにチビの雄が群れている!雄の証明として、ラペット(性徴)付を探して下さい。…植物片の
多い層では雌の(巨大)住房は潰れている?
投稿者:ボヘミやん
タイムトラベラーさん、投稿ありがとうございます。

雌雄だとすれば夜這路から巨大アンモ・・って
可能性も夢ではないですね!
また少しアンモに興味が湧いて来ました。
明日行ってみようかな(笑)

因みに2種に分類されたペルム紀のアンプリグラベラ、
2つの型があると思われる畑の小型シュードフィリップシア、
これらも雌雄じゃないかな〜なんて思ってます。
この2つのタイプは、ミクロコンク(♂)とマクロコンク(♀)の関係も考えられます。
投稿者:ボヘミやん
ペリスフィンクテスは大型化するものと
小型のままのものがあるようですね。
そんなに巨大化しなくていいから
30cm位のが出てくれると嬉しいんだけどなあ(笑)
投稿者:ニャロメ
なるほど。いつかあそこからも巨大アンモが出るかもしれませんね。キタカミ恐るべし!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ