キタカミ徒然 / ボヘミやんの採集日記

三葉虫を追い続けるボヘミやんのユル過ぎる日記 【 since 2005.11.24 】

 
三葉虫標本一覧 ジュラの峠のアンモナイト  旧・ヘミやんの採集日記 E-Mail 左フレームが非表示の場合はこちら

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

子猫ちゃん(笑)

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ボヘミやん
私も絵合わせしてるだけで・・最近まで
綱木坂層のアンモの学名なんて知りませんでしたね(笑)
最初の頃、どれも同じように見えていたアンモ、
結構多種多様だったことが分かってきて
面白くなってきました。

多分、林道は冬季閉鎖されて
もうじきシーズン終了になると思いますが・・
投稿者:ニャロメ
写真で絵合わせ程度の知識しか持ち合わせてませんが、やはり福井県和泉村で産出しているブラチモルフィテスに似てますね。
シュードニューケニセラスと同じ時代になりますね。
宮城県は化石の宝庫ですよ。古生代はもちろん、中生代の産地もいくつかあり、見事なアンモちゃん(笑)がいくつも出てます。
私も三畳紀、ジュラ紀、白亜紀すべて採集してます。それに新生代もすごいんです。
投稿者:ボヘミやん
キタカミのアンモは時代を問わず
皆、扁平に押し潰されてますねえ・・
キタカミは頭足類の宝庫でもありますよ。

アンモンさん、言ってみりゃここは「ジュラの峠」です。
そう表記してたこともありますが
よく知られた産地だしインパクトのある(笑)
知名なので、そのまま実名で使ってます。
投稿者:アンモン
産地は宮城県ですか?ニャロメさん、ペルムの森とか言っていることが多いので、宮城県内のペルム紀の地層かなと思ったりしています。フォッサマグナミュージアム出版の本に少し標本が掲載されているので参照しましたが掲載されていませんでした。細い緻密な肋といえばフランス産のギャランテアナの仲間
一個持ってます(保存完璧)。白亜紀のアンモとはだいぶ様相が異なるなと思って眺めています。
投稿者:だいなそ〜
す、すごい!!
アンモちゃんですね!!
キタカミでアンモって
あまりイメージないです。
変形してしまっているのでしょうか?
アンモナイト全然分からないので、
どんな種類のどんな子なのか私も知りたいです。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ