キタカミ徒然 / ボヘミやんの採集日記

三葉虫を追い続けるボヘミやんのユル過ぎる日記 【 since 2005.11.24 】

 
三葉虫標本一覧 ジュラの峠のアンモナイト  旧・ヘミやんの採集日記 E-Mail 左フレームが非表示の場合はこちら

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

子猫ちゃん(笑)

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ボヘミやん
貴重な情報、ありがとうございます。
スフェレクソカス、エンクリ・ベッドから出てたとは!
しかも、オヌキアでは無い・・・
ううむ、G沢でも出したいですねえ!

>T大のH先生は、「スフェレクソカスという三葉虫は、私と同じように頭がツルツルです」と、ご自身の頭を指差して、おっしゃっていました (^ ^)

納得です(爆)
投稿者:腕足小僧
先日採集したG沢の泥岩から多産する腕足類(スピリファー)を調べてみましたところ、
Endospirifer nipponicus TACHIBANA の特徴に良く合致するように思われました。

もともとはK沢(シルルの草)のエンクリ・ベッドから報告・記載された種で、この時にK沢から産したスフェレクソカスも併せて報告・図示されました。尾部1個のみの産出ですが、ボヘミやんさんのHPでも解説されている、H沢の石灰岩から記載された種とは、大きさと形状が異なるとされ、
「the second trilobite from the Encrinurus bed containing E. kitakamiensis」
と記されています(Tachibana,1981)。

このように、スフェレクソカスはH沢のみならずK沢からも産出しており、さらにK沢とG沢の腕足類は共通するようなので、スフェレクソカスはこのG沢からも産出する可能性が大いにあるように思えました。三番目の三葉虫として注意してみたいものです。

かつて、とある化石の説明会で、T大のH先生は、「スフェレクソカスという三葉虫は、私と同じように頭がツルツルです」と、ご自身の頭を指差して、おっしゃっていました (^ ^)
投稿者:ボヘミやん
e550さん穴の残りをピンポイントで狙ったのは確かですが
それも他の場所を掘るのは私には無理!と判断したまででして(笑)

エンクリが出た所は、それ以上外せず
周りは赤くなって腕足も居ましたが三葉虫は居ませんでした(;>_<;)
投稿者:e550
雨の中お疲れ様でした。
皆さん健脚で羨ましい限りです。
持ち帰ったブロックを見ていましたが
ボヘミやんさん穴に近づくにつれ
化石は薄くなっています。
エンクリ含有率は質も含め
かなり落ちてしまったことはたしかです。
だからこそ、ボヘミやんさんは
そこを狙ったのかな、という気もしますが。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ